2018年08月13日

MV-22オスプレイが「大量の荷物を積んで」原子力空母に着艦成功

アメリカ海軍は現在運用しているC-2グレイハウンドの後継に、CMV-22オスプレイを導入することを決定。2020年には受領を始める計画です。
その任務はグレイハウンドが行っている、陸地と空母間の物資や人の輸送に加え(これ大事)空母を中心に構成される空母打撃群の艦艇への輸送もあるとのこと。

その訓練の様子が、アメリカ海軍から公表されています。
※記事参照元 https://www.dvidshub.net/news/288382/future-us-navy-onboard-delivery-missions

訓練の舞台は、大西洋上の原子力空母ジョージ・H・W・ブッシュ(USS George H. W. Bush, CVN-77)。
ジョージ・H・W・ブッシュのフェイスブックから



こんな写真もアップされてます

38696022_1875290662530943_4971394348420694016_n.jpg
※画像引用元 https://www.facebook.com/pg/USSGeorgeHWBush/photos/?ref=page_internal

参照元の記事によると
今までのC-2グレイハウンドでは49000ポンド(約22.2t)が限界だったのが、今回MV-22では57000ポンド(約25.8t)搭載してのテストに成功したんだとか。

アメリカ海軍が使う予定のCMV-22は、海兵隊で使っているMV-22オスプレイに比べて無線も強化し運用範囲も広くなるなど、より改良を加えた型式。
アメリカ陸軍にはダメ出しされたけど、アメリカ海兵隊や空軍でも配備が進んでます。

日本の陸上自衛隊には4機が導入されるとか。
さて、いつお目見えするのかな?







posted by てっちゃん at 15:07| Comment(0) | 海上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: