2018年07月30日

あいち航空ミュージアムのパイロットの職業体験 暫定的なプログラムですが

子どもさんにはMU-2の操縦席に座ってもらえます。夏休みの子供さんには、とても良い体験になることまちがいなし。
※大人向けの職業体験は、一部違う内容です。

本来ならYS-11を使ったフライトシュミレーターがあるのですが、先月末の豪雨でシステムがダウン。現在、復旧に向けてメンテナンス中です。
代替措置として、現在暫定的に以下のプログラムで運用中。

@パイロットのお仕事紹介 フライトプラン作成についてのレクチャー
 アテンダントのお姉さんが、わかりやすく教えてくれます。

AYS-11を使った機体外部点検
 機体を間近で見たり、実際に触ってもらいます。

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 YS-11 機体外部点検 C727FCB8-ADD7-401C-B2D7-C66259681FC2

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 YS-11 機体外部点検 A8F199CD-BC0F-4ED1-BE57-A0E5B1743F68

羽田とか行けばねぇ、ボーイングのでっかい旅客機を間近で見たりできるんだろうけど
YS-11、日本が生んだ戦後初の国産旅客機。しかも愛知県で初飛行をした・・・ここに大きな意味があるんです。

B操縦席に座ってみよう
本来ならYS-11のシュミレーターでー、ですが
今回は特別にMU-2の操縦席に座って、ちょっとしたパイロット気分を味わっていただきます。
※大人の方は別内容となります。

三菱が作り上げたMU-2。小型のビジネス機です。
今で言えばホンダジェットのような機体のこの飛行機。
その優れた性能は、国内は、民間のみならず陸上・航空自衛隊で。海外でも民間はもちろん、アメリカ空軍も採用したそうです。

※参考記事 乗りものニュース 2015.07.18 MRJ、YS-11以上 消えゆく隠れた国産傑作機

あいち航空ミュージアムに展示されている機体はJA8737。1969年1月に初飛行をした、いわゆるB型と呼ばれている機体。
通常、この飛行機は機内公開をしていません。
今回は代替措置ですが、日本が生んだ傑作機に乗ってもらえます。

まずはMU-2と言う飛行機に触れて欲しい。そのあとでいいから、どんな飛行機なのか調べて欲しい。
世界に通用するこんな優れた飛行機が、50年も前に愛知県で生まれたことを知って欲しい。
オジサンはそう願います。

夏休みの自由研究にも、もってこいですしね(^O^)/

さて機内はこんな感じ
三菱重工業小牧南工場史料室に行った際の撮影です

三菱MU-2 JA8737 IMG_5253_2

コックピット(操縦席)です

三菱MU-2 JA8737 IMG_5254_2

コックピットから手を振る子供さんに、親御さんも大興奮(^^♪

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 MU-2コックピット体験 JA8737 F922FF11-9EC3-41E4-9A77-93C02DA9B4FF

フライトシュミレーターの復旧ならびに再開については、決まり次第公式サイトなどで発表があります。
それまでお待ち願います。

子供さんの夏休みの自由研究に、あいち航空ミュージアムへお出かけはいかがでしょうか。

※記事中の画像は、すべて管理人が撮影したものです。著作権を有しています。無断転載などは絶対にやめてください。












posted by てっちゃん at 21:25| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: