2018年07月29日

あいち航空ミュージアムで高校生が作り上げた飛行機を見ることができます

高校生が作ったエンジン付き有人飛行機としては、「日本で初めて(これ重要)」飛行を成功させたのが、八◯式名市工フライヤー(はちまるしき めいしこう ふらいやー)。
この飛行機を作り上げ飛ばしたのが、名古屋市立工業高校の高校生と先生たちです。

あいち航空ミュージアムでは、ふだんは展示機として機体をお見せするだけなんですが
今回は夏休み特別企画として
@この飛行機がどんな飛行機かと言う解説と活動内容のプレゼン
A組立作業の実演
B操縦席の着座体験
を行っています。

この飛行機、見てのとおりごくごくシンプルな構造
でもね、世界に名だたる三菱が作った飛行機にもひけをとらない存在感を示してます

CD18AE85-5923-4529-BB76-4BF6AC5B7F51.jpeg

愛知県のモノ作りと言う意味でも、次代を担う若者たちが作ったこの飛行機は、とても大きい意味を持っているのではないでしょうか。

聞けば、ここから巣立った子たちは、三菱や川崎などの航空機メーカーや全日空と言った航空会社。さらには航空自衛隊で戦闘機のエンジンを整備している子もいるそうです。
頼もしいですよね(^^♪

今日、久しぶりにボランティアであいち航空ミュージアムに行った私。
案内業務など本来のお仕事もちゃんとこなしつつ(謎の言い訳w)、この解説イベントをのぞいてきました。

解説イベントの全景
奥では高校生たちが翼の組立を実演しています
主翼の骨組みがあって、実際に触れることもOK。ちょっと持ち上げてみると、その軽さにビックリ。
ここまで考えて作っているんだ、と感心しちゃいます。

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 88A0EFE0-5F8C-41EE-B3E6-9941469067D6

八◯式名市工フライヤー(はちまるしき めいしこう ふらいやー)について、また活動内容についてのプレゼンは高校生たち自らが行います。
多くの方が足を止め、聞き入っていました。

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 350EE1F1-BCCC-442F-89E1-2DCC14101BDD

操縦席への着座体験
小さい子供さんには、これはおススメ。
実際に翼を動かしたり、また高校生が機首を持ち上げてくれて、なんだか離陸して上昇してる気分を味わえることもできます
子どもさんより、親御さんの方が喜んでるかも(^^♪
※約23秒の動画。途中で明るさが変化して見ずらいかもしれません。(撮影がマズかったです)

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 6485D344-F3C0-4304-8814-602A0673CACC

それでね・・・

この八◯式名市工フライヤーの開発・製作に携わった先生が、私の拙いブログを見て頂いてまして
今回いろいろとお話しをさせていただくことができました
ご縁ができたこと、とても嬉しく思います。

ところで
愛知県はアジアNo.1の航空宇宙産業クラスター形成特区として、国から指定を受けています。

「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」は、欧米先進地域と肩を並べる、アジア等新興国の追随を許さない航空宇宙産業の一大集積地の形成を図るため、総合特別区域法に基づき国から指定を受けた国際戦略総合特区です。
※引用元 http://www.pref.aichi.jp/kikaku/sogotokku/about/

その中に人材の育成・確保について、こう書かれているんですね。

地域の航空機産業の拡大に伴い、開発、設計、生産技術・管理、製造などに携わる人材の不足が懸念されています。 地域の産業界や関係教育機関等が連携して航空機製造人材の育成に取り組むとともに(後略)
※引用元 http://www.pref.aichi.jp/kikaku/sogotokku/support/

聞くところでは、航空関係の取り組みを始める学校も増えているそうです
次世代の航空産業を担うであろう高校生に対して、お金やモノそして人の支援はどれくらい行き届いているのだろう。
欧米のような先進国に追いつき追い抜くのであれば、彼らへの支援ももっと考えていかなければならないんじゃないか。
そんなことを思ったりします。

私のブログごとき、そうそう発信力はありません
でも、こんな高校生もいるんだよ、頑張っているんだよ・・・と発信することで、彼らの存在を少しでも多くの方に知ってもらえることができる。そうすれば応援する人も増えるんじゃないかと考えています。

航空機産業を目指す若者がもっと増えて欲しい、No1も良いけど「乗る人に役立つ飛行機」と言う意味でonly1を目指して欲しい。
若い彼らに、夢を託したい。
50も半ばを過ぎた、オッサンの切なる願いです。



































posted by てっちゃん at 23:24| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: