2018年07月04日

海上自衛隊の護衛艦「かが」が南シナ海とインド洋に展開

9月から約2ヶ月と言う長期にわたる展開の予定。
平和を希求する方々は「反対だー」と叫ぶでしょうが、南シナ海の環礁を軍事基地化し中国にはダンマリ。
この違いを教えて欲しい。

この派遣については外電のロイターが配信した記事ですが、国内のメディアは現時点ではまだのようです。
テレビ全てまではチェックしてませんが。

184_05l.jpg
※画像引用元
海上自衛隊公式サイト トップ→ギャラリー→写真ギャラリー→護衛艦(艦艇)→いずも型 (DDH"IZUMO"Class)


南シナ海では次々と環礁を人工島に変え、軍事基地を建設
インド洋においても中国は、モルディブで存在感を高めています

特に南シナ海は、日本が必要とする資源や物資の大半が通る海域
この海域の環礁は「軍事基地化しない」と、中国のトップである習主席は言っていたはずですが
今や海に浮かぶ要塞と化してるのは、誰が見ても明らか

重要な海上交通路に基地を作られたのに
平和を愛する日本の野党の皆さんは、なぜかスルーしてます

アメリカ軍が太平洋軍を「インド太平洋軍」と組織を変えたのも
中国の力による海洋権益の拡大とリンクしてるのでしょうか

この現状に対抗すべく、今回の派遣を決めた・・・のか
もちろん素人が簡単にああだこうだと言えるような、そんな単純な話ではないでしょうが

ロイターが配信したこの記事
日本語と英語では若干ニュアンスが違う書き方にも見えます

両方読み比べてみるものいいでしょう
以下にリンクを貼ります

@日本語版 
海自ヘリ空母「かが」、9月から南シナ海・インド洋へ派遣=関係者

A英語版を日本語に翻訳したもの
ヘリコプター空母「かが」が南シナ海、インド洋へ派遣される

B英語版の原文
https://www.reuters.com/article/us-japan-defence-southchinasea-exclusive/exclusive-japanese-helicopter-carrier-to-tour-south-china-sea-indian-ocean-for-two-months-idUSKBN1JU0CJ



ラベル:中国軍
posted by てっちゃん at 23:52| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: