2018年07月09日

IHIが将来戦闘機用のエンジンXF9-1を防衛装備庁に納入

推力15t・・・強力なエンジンが、ついに登場ですか。

先進技術実証機X-2のエンジンが、推力が約5tクラス。

先進技術実証機 X-2 51-0001 37632486975_60cd38619e_o_2

これに関して以前IHIの社長が、強気のコメント出してた記憶があります。
これより強力な推力15tクラスのエンジンは作れないんじゃなくて(今は)作る必要が無い、「できない」と「作らない」は大きな違いだ・・・と。

その裏では、こんなバケモノみたいなエンジンを作っていて
しかも予定通りの時期に完成、納入したのはスゴイこと

出来上がったエンジンの画像がこちら
モノがモノだけに、画像は加工されてるようにも見えます

pr180629-1.jpg

pr180629-2.jpg
※画像引用元 http://www.ihi.co.jp/ihi/all_news/2018/aeroengine_space_defense/2018-6-29/index.html

ちなみにF-4EJ改のエンジン

F-4EJ改 エンジン J79-IHI-17 IMG_8223
F-4EJ改 エンジン J79-IHI-17 IMG_8223 posted by (C)てっちゃん

F-15だとこんな感じ

F-15 ジェットエンジン IMG_8216_2
F-15 ジェットエンジン IMG_8216_2 posted by (C)てっちゃん


このエンジンに関する、IHIのプレスリリースはこちら

将来の戦闘機用を目指したジェットエンジンのプロトタイプ(XF9-1)を納入

防衛省からの発表【PDFファイル)

戦闘機用エンジンシステムの研究試作(プロトタイプエンジン)の納入について

去年の記事ですが、元日本航空技術役員だった松尾芳郎氏が記事を書いてます
参考になると思います。ご一読を

将来戦闘機用エンジンのコアが完成、IHIが防衛装備庁に納入


さて・・・
問題はこのエンジンを積むであろう、次期戦闘機をどういう姿のものにするか

今はまだ具体像が描けていない状態のようですが、議論の加速に期待です













ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:25| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: