2018年06月30日

「元自衛隊なら銃には慣れてるだろ」と言う先入観に異論を唱えたい

元自衛官が起こした富山での交番・小学校襲撃事件、「自衛隊にいたから銃には慣れている」的な報道にはある意味、マスコミの自衛隊に対する悪意すら見えますね。

銃に慣れると言うことでは、別に自衛隊にこだわる必要なんてないわけです。
誰もが気軽に海外へ出かけることができる今、近いところならお隣の韓国にだって射撃が体験できるスポットがあります。
そこに行ってお金を払いさえすれば「いくらでも」撃って来れる、今はそんな時代ですから。

確かに「全く銃を扱ったことがない」ド素人に比べれば、銃に「慣れてる」と言う表現もあり得ます。
銃の経験があると言うことを、自衛隊の印象を悪くしたい方向に利用したいと言うのが見え隠れする。
そんな悪意を感じる、「元自衛官」です。

自衛隊での射撃経験について、一般論ですが私が知ってる限りを書きます。
陸海空、職種によっては例外もあるので「一般論」としてです。

まず私。空で1任期3年いまして、2士で入り士長で退職。
教育隊で陸自の射撃場に行って、64式で訓練
40発だったかを撃った、これ1回「だけ」

※航空団では年に1回、射撃訓練があります。曹・士だと40人いた小隊から1人か2人だけが小銃を撃つ機会が与えられ
 拳銃の訓練は1尉とかから上だった記憶

陸にいた兄弟は、高射特科に3任期いて小銃の訓練を何回か
同じく陸で30年近く勤め、准尉で退官した親父。連隊本部と言う部署柄、これまた何回かだけだったそう。


富山の地元メディアのニュースは、小銃も拳銃もごっちゃになったひどい記事を配信してます。

同期生の新証言 射撃技能 自衛隊で身につけたか/富山

この記事中、犯人は陸自に1任期2年いて、現職時代は迫撃砲中隊に所属していたと書かれています。
迫撃砲中隊にいた2年間で、どれだけ射撃経験が積めるんだ?と言うのが、正直なところ

私は空にいた3年間で小銃を撃ったことがある、と書きました
実は20年前に新婚旅行で行ったオーストラリア・ケアンズで、射撃体験をしてまして。
何種類かの拳銃を、オプションも含めトータルしたら80発くらい撃ってるんですね。

パンフレットがこれ
日本の旅行会社では「あまりお勧めしないけど」と言いつつ、カウンターにあったチラシ

IMG_20180630_0002.jpg

「チョベリグ」と言う、怪しげな日本語を使うオッサンに連れて行かれた記憶がよみがえる(笑)
値段表がこれ
○○shootsと言う、弾数にも注目

IMG_20180630_0004.jpg

マグナムを片手で撃ったら、あまりの衝撃に弾があさっての方へと行った私

IMG_20180630_0001.jpg

自衛隊とは全く関係ない、ウチの嫁さんも射撃体験
この笑顔に、自分に対する殺意を感じるぞ(笑)

IMG_20180630_0005.jpg

オーストラリアに行った20年前より、今や格段に海外へ行きやすくなりました
どの国のどこでどんな射撃体験ができるか、ネットで簡単に情報を得ることが出来る時代
自衛隊員や警察のような職業でなくても、手軽に銃を撃つことができるようになりました

自衛官だから銃に慣れているだろう、なんてことはないし
自衛官でなくても、銃を撃つことができる

そこのところも考えて、記事を書いてほしい
嫁にも突っ込まれた、元自衛隊の私でした。




















posted by てっちゃん at 18:14| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: