2018年06月25日

KC-46ペガサス空中給油機 今年10月からアメリカ空軍へ納入開始

開発が遅れていたこのKC-46A空中給油機。ボーイングが作っていたこの新型機が、今年10月からアメリカ空軍に配備が開始されるそうです。
来年4月には18機が引き渡されると、アメリカ政府関係者が発表しました。

※記事参照元 https://www.reuters.com/article/us-usa-boeing/u-s-air-force-says-boeing-kc-46-aircraft-delivery-to-start-in-october-idUSKBN1JG305

WS000003.JPG
※画像引用元 http://www.boeing.com/defense/kc-46a-pegasus-tanker/index.page

この新型空中給油機、日本の航空自衛隊でも導入が決まっているだけに動向が気になるところ。
「飛行テストはほぼ終わっているが、まだ重要な作業が残っている」と、この高官は述べてますが
アメリカ空軍への配備開始は、日本と航空自衛隊にとっても大きな前進ではないでしょうか。

KC-46Aペガサス空中給油機、航空自衛隊では美保基地に配備されることがすでに決定しています。
※参考資料 新たな空中給油・輸送機(KC-46A)の美保基地への配備について
これは2016年に防衛省から、地元島根県に「根回し用に」配布した資料

地元の方々の思いや、政治的な思惑・・・いろいろあるのでしょうが
そこは部外者の私なんかが、安易に口出しすべきことではないのでカット(笑)

空中給油機や輸送機が好きな私、この新型空中給油機が岐阜基地や小牧基地に来るか、興味深々。
おそらく引き渡された当初は、岐阜基地の飛行開発実験団で各種試験をやる事になるのでしょう。
実機を見に行きたい、今から楽しみです。
















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 07:31| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: