2018年06月23日

C-2輸送機の価格が高騰 1機あたり70億円も増えてるとか

見出しだけ見ると「何だと⁉」て話になるけど、防衛装備品って何かと解りづらい点があるのも確か。
ここらはもうちょっと、わかりやすくしてもらいたいと思います。

参照記事はこちら
赤い太文字クリックで該当記事が、別タブで開きます

空自C2輸送機、価格高騰に疑義 1機あたり70億円増

まずC-2輸送機の値段の推移
調達が始まった2011年度は166億円、翌2012年度は165億円
今年2018年度は236億円。調達開始の2011年度から比べると、70億円も増えてる計算ですね。

朝日新聞はこの件について、原因と思われることを2つ上げてます。
@防衛省担当者はアメリカから輸入しているエンジン価格の高騰と、為替レートの円安傾向と言っている
A朝日新聞の見方としては、原価計算方式と言われるメーカーから出された資料を基に算出する計算方式。これに問題があるのではないか。

2011年度の為替レートは超円高で1ドル=約80円。今年今日現在では110円ですから、やはり40%近く上がってます。
これが全てではないでしょうが、大きな影響を与えてることは確かでしょうね。

防衛装備品の価格の算定方式もどうなんだろう。
全てをオープンにできるものではないだろうけど、「ちょっとわかりずらい」と言うのが国民大部分の感想ではないでしょうか。

生産機数を増やして・・・とは言うものの、国内での需要は限られてるし
海外への輸出なんて話も聞かなくなりました
量産化してコストダウンも難しいのいかな?と。

財務省は「費用対効果が高い他の機種を」なんて言ってるそうですが
真っ先に候補にあがりそうな、アメリカ・ボーイング社のC-17グローブマスターV輸送機は生産を終了してます。

じゃあエアバス社のA400Mアトラス?
機体価格はC-2より安いようだけど、実際に導入となれば開発費用も上乗せされるだろうし
この輸送機用にシュミレーターだ、支援機材だと買い揃えること考えれば
大した変わらない値段になる可能性もあるわけで。

支援機材なども含めての「代替機種を」と言うのが、財務省の考えなんだろうけど
・・・考えていないとしたら、それは致命的な間違いですねぇ

C-1は寿命を迎え代替機種も無し、このまま生産→調達を続けて行くしかない・・・のかな?


航空自衛隊 第3輸送航空隊 第403飛行隊 C-2 78-1205 IMG_2271_2










ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 22:32| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: