2018年06月24日

ドローンだって立派な武器になるんだよねぇ

空撮とか宅配にーなんて話じゃなくて、武器としてのドローンを巡る話を2つ。

1つ目はベラルーシ軍が、ドローンに対戦車ロケットを搭載した実験を行った話。
「航空法で禁止がー」とか言ってる日本の自衛隊、大丈夫なんだろうか







日本の中枢でもある首相官邸にでさえ、やすやすと着陸を許してしまったことがありました
それから法規制は確かに厳しくなりました。

でも実際問題、基地や駐屯地に侵入させて航空機や車両を破壊することを防ぐことができるのだろうか
投網で捕まえるなんて話さえ流れてくるだけに
大いに不安です


2つ目の話は、武器と化したドローンを迎撃するシステムをアメリカ海兵隊が実用化しようとしてるお話し
これは産経新聞の記事

先ごろシリアで、テロ組織ISISが固定翼型のドローンを使ってロシア軍基地を襲撃
機体を破壊したことがありました

この時はロシア軍の基地が目標だったけど、軍事基地だけではなく不特定多数の人が集まる施設が標的にされることもあるでしょう
アメリカ海兵隊が装備しようとしているのは、無人迎撃機を用いたシステムだそうです

産経の記事、以下のリンクをクリックすると別タブで記事が開きます

「空からのテロを防ぐ」ドローン迎撃システム、米海兵隊が実用化


例えば中国は無人機もドローンも、かなり進んでいると聞きます



この動画、1300台以上ものドローンを使っての演出
何機かはコントロール不能に陥って墜落した、なんて話もツィッターではありましたが
それにしても「スゴイ技術」です

このドローンに小さい爆弾搭載して、攻撃をかける
飛行機なんてちょっとした穴が開くだけで、飛べなくなります

毒ガスや生物兵器積んで、テロ攻撃する
不特定多数を攻撃するには、空からの攻撃は効果的だよね

考えられない話じゃないでしょ?

中国がー、と言うわけではなく
テロリストがこう言う技術を持って、攻撃を仕掛けてくる可能性も考えなければならないんじゃないの?と言う話です

ドローンが武器と化してきた今、日本の自衛隊や警察、海上保安庁はどれだけ対処できるんだろう
ちょっと考え込んじゃいました

















posted by てっちゃん at 09:05| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: