2018年06月08日

航空自衛隊那覇救難隊がヘリコプターのパイロットを救助 でもね・・・

新聞系のサイトをいくつか見たんだけど、誤りがあってですねぇ。
正しいことをキチンと書いて欲しいと思うわけで。

まず、防衛省が発表した最終報がこちら
※記事引用元 沖縄県那覇市北西沖における民間ヘリコプターの捜索救助に係る災害派遣について(最終報)

1.災害派遣の概要
(1)要請日時
平成30年6月7日(木)15時33分

(2)要請元
東京空港事務所長

(3)要請先
航空自衛隊南西航空方面隊司令官(那覇)

(4)要請の概要
捜索救助

(5)発生場所
沖縄県那覇市北西沖約40km

(6)撤収要請日時
平成30年6月7日(木)17時47分

2.災害派遣までの経緯
 平成30年6月7日(木)、民間ヘリコプターが沖縄県那覇市北西沖約40kmでメーデーコールの後、レーダーから消失した。このため、同日15時33分、東京空港事務所長から航空自衛隊南西航空方面隊司令官に対し、捜索救助に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応
(1)活動部隊
空自
那覇救難隊(那覇)
(2)活動規模
航空機3機
(3)主な対応状況
【7日(木)】
15時33分 東京空港事務所長から南西航空方面隊司令官に対して、捜索救助に係る災害派遣要請。
15時35分 那覇救難隊のUH−60×1機(在空機)が捜索活動のため現地に前進。
15時43分 那覇救難隊のUH−60×1機、U−125×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。
15時52分 那覇救難隊のUH−60が上空からのホイスト吊り上げにより、要救助者を救助。
16時07分 要救助者を那覇基地に搬送し、じ後、消防に引き渡しを完了。
17時47分 東京空港事務所長から撤収要請を受け、捜索救助活動を終了。
※ 捜索救助活動が終了したことにより、撤収要請があったもの。

>引用ここまで

墜落したヘリに乗っていたのは、パイロットの方が1名だけ
骨折はしたものの、命に別状はないと言うことで、まずは良かったです。

さて

この救助にかかる出動は東京空港事務所長からの災害派遣要請があっての出動なんですが
毎日新聞では
遭難信号を受信した航空自衛隊が墜落から約10分後の午後3時39分ごろ、現場海域に到着し
※記事引用元 毎日新聞 6/8 エクセル航空 那覇−粟国ヘリ墜落 操縦士重傷、運航自粛/沖縄
と書いています。

自衛隊の出動は、自治体の長や都道府県知事、海上保安庁の本部長や空港事務所長からの要請がないかぎり「勝手に」出動なんてできない決まり。
毎日新聞のこの書き方では、ヘリコプターからのメーデー=遭難信号を航空自衛隊が受信して「こりゃ大変」とばかりに出動・・・なんてふうにも取られてしまう可能性大。それは事実ではないでしょう。

いろいろと見ていくと、さらに酷い記事が
こちらの動画、共同通信系の動画チャンネルですか「KyodoNews」がYouTubeで配信したニュース



救助した部隊を「航空自衛隊南西航空救助隊」
と紹介してます。

国際救助隊=サンダーバードじゃないんだから

ネット版の日刊スポーツも同じ「航空自衛隊南西航空救助隊」。
要請した先が「南西航空方面隊司令官」だから、取り違えたんだろうけど。
※記事参照元 日刊スポーツ 6/7 航空自衛隊が墜落したヘリパイロット救助 沖縄

そんな部隊、存在しないでしょ?
マスコミの皆さん、お願いしますよ。
私達はあなた達の発信する情報を「アテ」にしてるんですから。






















ラベル:航空自衛隊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: