2018年05月29日

AH-64D航空事故の調査状況について 中間報告が発表されました

飛行機に使われているボルトって、メーカーの品質保証が付いてるものなんじゃないの?ここのところ、実態はどうなんだろう。わかる方、ご教示いただけると、ありがたいです。

連投ごめんなさい。皆さんには、あちら界隈が「事故がー」と騒ぐのとは違う次元で、この事故にも関心を持ってもらえればいいんじゃないかと思い、連続での投稿としました。

本日5/28に陸上自衛隊広報室から発表された、AH-64D墜落事故に関する中間報告書
内容としては、大きくわけて3つ

1 事故の経緯
2 事故調査の状況
3 事故調査報告書提出期限の延長

内容のついては、以下のリンクからご覧ください

AH−64D航空事故の調査状況について


この中では、ボルトの破断から墜落に至る過程が書かれてます
文字で書くと・・・なんですが、これらの事象が「あっと言う間に」「対処する間もなく」墜落に至ったのではないでしょうか

また、再発防止策として

陸上自衛隊が保有するAH−64D全機(12機)に関し、製造企業が品質を保証したアウトボード・ボルトへの交換等の対策を検討中

と書かれてます。
素人目で見るとだけど「じゃあ、今までは品質が保証されていない部品を使っていたの?」て話になるわけで。

長さとか言ったサイズはもちろん、硬度とかは規格で決まっていて、自衛隊に納入されるものは「規格は合格」なんだろうけど
じゃ、品質と規格はどう違うんだろう。
いろいろ疑問が出てきます。

そういう所も、国民にわかりやすく説明して欲しいと感じます。










posted by てっちゃん at 19:40| Comment(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: