2018年05月30日

あいち航空ミュージアム YS-11って愛知生まれなんだよー

あいち航空ミュージアムでボランティアスタッフやってる私。「え〜、ボランティア?ギャラ無し?」なんて文句をたれてましたが、なんだかんだで楽しくやらせていただいてます(*^^)v

先日の日曜日、5/27は週に1度入ってるボランティアの日。
土曜日の夜は朝5時半まで仕事してからの、睡眠時間2時間での出勤。

正直、カラダは非常にキツイ。でもね、来てくれた人が喜んでくれると非常に嬉しかったりするんです。
やめられませんわ(笑)

朝10時からのシフト、開館と同時に多くの方が入館。
見るとハイキングらしき姿の人が多い。
調べてみたら名古屋圏を走る私鉄の、名古屋鉄道が企画したハイキングツアーだとか。

あいち航空ミュージアムがある、愛知県豊山町。この町は、あのイチロー選手の出身地でもあります。
今回のハイキングは名鉄小牧駅から歩いて、航空館boonやあいち航空ミュージアム、そしてイチロー選手の記念館を巡るそうです。
さすが地元の大手私鉄。集客力が桁違い。痛感です。

あいち航空ミュージアムではオリエンテーションシアターやサイエンスラボ、職業体験などは専任のアテンダントのお姉さんたちが担当します。

私らボランティアスタッフの主な仕事は、館内の案内や安全確保。
それに機内公開での列整理や機内案内。

土日メイン、1日に2回、週替わりで行われている機内公開。
今日5/27はYS-11。午前の部の機内案内を、不肖ワタクシが担当させていただきました。

案内の時はこう言いなさい、みたいな原稿はありません。
ウソや間違いが無ければ自由に喋っていいよ、と言うのがミュージアムの姿勢です。

今回の案内から、内容をちょっと変えてみました。
今までは「どちらかと言うと」
VIP仕様のレアな機体、昭和天皇や大村愛知県知事も乗ったんだよーの方に、重きを置いた内容。

しかし今回からは、このYS-11は愛知で生まれたんだよーと言う点をアピールしてみました。
YS-11の製造については、愛知の三菱が製造の半分以上を担当し、さらに最終組立も三菱の小牧工場。そして初飛行も愛知県の名古屋飛行場(現・県営名古屋飛行場=県営名古屋空港)。

後にMRJへと繋がっていく飛行機が、ここ愛知で生まれたこと。
皆さん、意外とご存じない様子。

名古屋市にあるトヨタ産業技術記念館が、外国の方に人気があるとか。
意外なことに、名古屋に数ある観光スポットでも1位だそうです。
それは日本のモノづくりの歴史などを、目で見て体感できるからだそう。
トリップアドバイザーなどの口コミサイトでは、外国の方に限らず日本の方にも人気です。

愛知のモノづくり、このYS-11からでもアピールできるんじゃないか。
特に子供たちには、自分の住んでいるところでこんな飛行機が作られたんだ
今も日本や海外の空を飛んでる飛行機や(B787やB777)国産初のジェット旅客機が愛知県で作られていると言うことを知って欲しい。
できれば日本を守るための飛行機も

そんなことを願っています。
私は元々北海道人なんですけどね(笑)


「新幹線みたい」と言う方、多数。
自衛隊の一般隊員や、VIPの随行員の方々のためのスペース

YS-11 52-1152 機内 IMG_0190


レア感満載、VIP用のスペース

YS-11 52-1152 機内公開 BD85A261-22B3-48D3-A699-A0F8C640CA22


今度の土日はMU-300の機内公開です。
さて、「愛知」と言うキーワードをどう入れようか。
現在思案中でございます。


三菱 MU-300 JA8248 機内公開 D9302378-0ACD-4FB3-B3A9-9AEDB3C7027C

posted by てっちゃん at 19:55| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: