2018年05月29日

急患輸送に小牧基地の機動衛生隊が出動 別の出動では「あの」飛行機も出たとか

空飛ぶICUこと航空自衛隊の機動衛生ユニットが熊本空港〜神戸空港間で、子どもさんの緊急搬送に投入されたそうです。
病名やその後の容態などは発表されていませんが、無事元気になってくれると言いですね。

※記事参照元@http://www.mod.go.jp/js/Press/press2018/press_pdf/p20180516_01.pdf
※記事参照元Ahttp://www.mod.go.jp/asdf/ames/contents/ames5.html

空飛ぶICUこと、機動衛生ユニットがこちら
要請があると、C-130H輸送機に搭載されて出動するそうです

機動衛生ユニット IMG_5132

さてこちらは長大な航続距離とジェット機ゆえのスピードを活かして「あの」飛行機が出動
硫黄島から厚木航空基地への搬送で、海上自衛隊のP-1対潜哨戒機が出動しています
直線距離で約1200kmの長距離搬送です

海上自衛隊 P-1 対潜哨戒機 5504 IMG_7577_2

以前、小牧基地の前司令である尾崎空将補が「3台目、4台目の機動衛生ユニットが完成間近」とホームページで言われていました
※記事参照元 2017年09月30日アップ 機動衛生ユニット、3号機・4号機がまもなく完成

3台目4台目の機動衛生ユニットについての公式な発表は、いまのところありません。
ただ近い将来にはC-2輸送機に機動衛生ユニットを搭載しての出動、なんてこともあるかも知れませんね。

航空自衛隊 第3輸送航空隊 第403飛行隊 C-2 78-1205 IMG_2271_2


ラベル:自衛隊 防衛省
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: