2018年05月16日

中国・四川航空機でコックピットの窓が脱落 パイロットの体半分が機外に

高度10000m近くで、突然コックピットの窓が破損・脱落。副操縦士が機外に吸い出されそうになり、体の半分が零下何十度の外へ。でもシートベルトをしていたので、かろうじて助かったそうです。
※記事参照元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000018-asahi-int

事故があったのは中国中部の都市、成都市の近くの上空9800m地点。

機体は四川航空のエアバスA319型機。

Easyjet.a319.arp.750pix.jpg
※画像引用元 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Easyjet.a319.arp.750pix.jpg#/media/File:Easyjet.a319.arp.750pix.jpg

日本では保有・運航している会社はありませんが
ANA、ピーチエアと言った航空会社が運航しているA320。これの胴体が少し短いバージョンです。


このトラブルで副操縦士が機外へ転落しそうになったほか、操縦室内は零下30度近くまで温度が低下。
無線の聞き取りが困難になり、自動操縦のシステムも故障。

機長が手動で操縦し、成都の空港へ緊急着陸したそうです。
副操縦士は顔と腰を負傷。客室には直接被害は無かったものの、体調不良を訴えた乗客がいたとのこと。

何はともあれ、大事に至らなくて良かったです。

窓が脱落してパイロットが吸い出されそうになった・・・どっかで聞いたことあるなぁ、と思ったら
CSのナショジオでやってる「メーデー!:航空機事故の真実と真相」で
1990年6月にイギリスで起きた、ブリティッシュ・エアウェイズ5390便の事故が取り上げられてました。

高度5300mで操縦室の窓が吹き飛び、急減圧で機長の体が機外へ吸い出されそうに
シートベルトをしていなかった機長の体は、膝が操縦桿にひっかかってかろうじて下半身は機内に留まり
緊急着陸するまでの間、乗員が交代で機長の体を掴んでいて事なきを得たそうです

このブリティッシュ・エアウェイズ機の場合、原因は窓ガラスを固定するネジに規格外の物が使われた上に整備手順も勝手に省略されていたとのこと。

今回の四川航空機の事故原因は、これから調査が進むことでしょう。

ツィッターでは「中国だから整備がずさん」なんてことも言われてるけど
過去にはイギリスでも起きてるし、日本だってあり得る話です。
滅多なことは言うものじゃありません。

まずは原因の公表を待ちましょうか。







posted by てっちゃん at 18:11| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: