2018年05月13日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空博)がスゴイことになってる件A入館してからのサルムソン

以前はちょっと暗い感じもした、旧かかみがはら航空宇宙科学博物館の入り口と受付カウンター。リニューアルしたら、明るく開放的になりました。

入り口入って正面左手に、チケット売り場。右手にショップ。正面に受付カウンター。
この画像はチケット売り場とフロア案内図。以前は無かった券売機があります。

入り口のすぐの左手には、ちょっとした食事もOKなカフェもあって、長時間の滞在でも困らないようになってます。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 エントランス IMG_2409

こちらショップ。品揃えもまぁまぁある印象。
もうちょっと、じっくり見てくれば良かった。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 エントランス IMG_2410

キッズルーム、あります。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 キッズルーム IMG_2411


一番最初は「航空機と航空機産業の始まり」と題されたエリア
人類初の動力付き航空機である、ライト兄弟のライトフライヤー号。そして日本の航空産業の始まりとなる、サルムソンA2A。
この2機の復元模型が出迎えてくれます。

この空間に入ったときの、あの「おぉ〜」と言う感動。
確かに展示されてるのは「模型」。
だけど、実際にあの空間に入った者でなければ味わえないであろう感動が味わえました。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 乙式一型偵察機サルムソンA2A と ライトフライヤー号 IMG_2413

こんな図面があると、思わず見入っちゃいます。
ある意味こういうモノも見せることで、子ども達が航空機に興味をもつように仕向けているのかも知れません。
でも「航空機産業の後継者を発掘する」ことも博物館・ミュージアムの役割と言うことを考えれば、非常に上手く作られてます。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 ライトフライヤー号図面 IMG_2423

こちらが乙式一型偵察機サルムソンA2A

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 乙式一型偵察機サルムソンA2A IMG_0034

エンジンと前部胴体の骨格、それに図面が展示されています。
これらはリニューアル前には無かったもの。
こんな隠し玉があったとは。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 乙式一型偵察機サルムソンA2A エンジンと前部胴体 IMG_2414

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 乙式一型偵察機サルムソンA2A 図面 IMG_2421

世界そして日本での航空機の始まりと言う歴史を、この2機の模型で紹介し
エンジンや図面を見せて、飛行機ってこんな造り(構造)してるんだよ、と見せる
上手い見せ方してるなぁ、と思う私でした(^O^)/

次回は、この「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空博)」リニューアルオープンの目玉の一つ
太平洋戦争時に旧陸軍が使っていた、三式戦「飛燕」の復元機体の写真をアップします

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 519

このバラバラだった機体が組みあがって、どんな姿になったのか
いい年こいたオッサンが、期待に胸を躍らせて見たその姿

乞うご期待(^O^)/










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: