2018年05月11日

小牧基地オープンベースでブルーインパルスの展示飛行が告発された件

小牧基地オープンベースだけではなく奈良での展示飛行も、愛知・奈良両地検が告発を受理したそうです。
朝日新聞のこの記事「なんで今頃?」と思ったら、そうでしたか。

1982年浜松基地航空際でのあの事故、私は目の前で見ました。
引き起こしが「明らかに」遅い4番機、消える機影、湧き上がる黒煙。
着陸してきた同僚たちが、その黒煙を呆然と眺めていた光景
35年経つ今でも覚えてます。

でもブルーインパルスに飛んでほしい。
私はそう願ってます。

さてその記事は、ネット版ではこちらのリンクから一部を読むことできます。
※全文は会員登録が要ります。
https://www.asahi.com/articles/ASL4962GNL49OIPE029.html

紙面でしょうか、全文が読めるツィートがありました。
私の感想とともに引用します。
青文字のリンク先が元ツィートで、そこに朝日の紙面があります




読み方や受け取りようにもよるけど
朝日のこの記事は、あの飛行を「曲技飛行」と決め付けてるフシがありますね。
一読しただけでは、その印象操作にひっかかる人がほとんどかと思えます。

告発した側は「これ曲技飛行だろ」と言い
空自側は「いや、曲技飛行にはあたらない」と言う

航空幕僚監部によると、小牧基地以外での曲技飛行の申請は出してるが
2015年の小牧基地オープンベースで復活した展示飛行については、2015〜2017年と許可申請を出していなかったとのこと

空自側は「曲技飛行」と認識していないから
申請を出す必要は無い、この理屈は至極当然。

ただ、あの飛行が曲技飛行にあたらないと言うのであれば
そこをもうちょっとキチンと説明するべきではないのかな?とは感じます。

あちら界隈の人たちには「自衛隊は人殺し」と言う観念の方もいるから、そういう人たちには何を言ってもムダです。
でも「ちょっと不安だなぁ」とか感じてる人には、説明して理解を求めることは必要でしょう。

ツィートの中で私は
あの演目が「曲技飛行じゃない」と言い張るのはムリがあるように感じる
とコメントしました。

航空法を読み込んでいくと、そうではないんじゃない?と言うふうにはなるんですが
素人目にはどうなの?て話で

世間一般の素人さんでもわかるように説明し、理解をしてもらうことも今後必要なんじゃないでしょうか。

航空自衛隊のイーグルドライバーだった「空飛ぶたぬき」さんが、曲技飛行ついて関連する航空法をわかりやすく解説されてます。
ぜひ、ご一読を

小牧航空祭のブルーインパルスの飛行は航空法違反?

あと




今年2018年、小牧基地オープンベースでのブルーインパルスが中止されたのは
告発の影響ではありません
基地関係者の方から聞いたこの話、ちょっとリアル過ぎなので、ここまで。










posted by てっちゃん at 19:51| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: