2018年05月08日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空博)がスゴイことになってる件@屋外展示エリア

リニューアルオープンした「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」。日本でもトップクラスの展示機数、見せ方もよく考えられてるなぁと思いました。

1回の記事では、とてもとても書ききれない程の展示ボリューム。
多分10回くらい書けそうです(笑)

今回は屋外展示エリアからエントランス(入り口)前まで。

屋外でのイベントスペースもあります。
屋根があるので、暑い夏のイベントが無い日には日よけにいいかも(^O^)/
屋外にはトイレ、自販機・・・無料エリアですが、とても充実してます

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 セレモニー会場 IMG_2380

入り口から博物館の建屋までは、屋外展示エリア
無料です。でも楽しめます。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 屋外展示エリア IMG_2381

この子が無くなっていたのは残念
1973(昭和48)〜1989(平成元)年まで、名古屋市消防局で活躍したSA316BアルエットV型ヘリコプター

DSC00005

キレイに修復されて、復活することを期待します

ここにあるのは元陸自のV-107Aやエアーニッポンで飛んでいたYS-11-500R、海自で活躍したUS-1A飛行艇とP-2J対潜哨戒機の4機。
V-107バートルは別として、大型機が揃ってると実に見事な眺めです。
しかもこの展示エリアは無料(しつこい)

駐車場側入り口から、それぞれ紹介します。
陸上自衛隊第101飛行隊(那覇)で飛んでいたV-107A(51804号機)

V-107A JG-1804(51804) IMG_0162

V-107A JG-1804(51804) IMG_2386

今回の訪問では一眼レフは全く使わず、全てスマホかタブレットで撮りました。
上がiphone8Plus、下がipad Proで撮ったもの。最新のiphone8は明るく、2年前のipad Proはちょっと暗いなぁと言う印象。
設定は全くいじっていません。(一部画像は補正あり)

以前は開館時なら、「いつでも」中に入って見ることできたんですけどねぇ。
貴重な機体だったんですが、今は「全く」入れないようです。

V-107バートル 機内

V-107バートル コクピット

次が全日空からエアーニッポンで飛んでいたYS-11-500R。レジはJA8731。
初期型より強力なエンジンに換装されたタイプ(あいち航空ミュージアムのはYS-11-100と言う初期型だそうで)

YS-11-500R JA8731 IMG_0159

YS-11-500R JA8731 IMG_0160

YS-11-500R JA8731 IMG_2395

このYS-11も、以前は開館時ならいつでもOKだったのが、休日の時間限定
世知辛いです

YS-11 機内 座席

つい去年の年末まで飛んでいた海上自衛隊のUS-1A。1995(平成7)年12月まで、岩国基地第71航空隊で飛行していた9078号機。
これも特別企画と言う形で、内部公開があったそう。この企画、復活して欲しいです。

US-1A 9078号機 IMG_2396

しかし・・・デカい
子どもさん、これ見ただけで大喜びだろうなぁ

US-1A 9078号機 IMG_2403_2

主脚。脚フェチにはたまらんです(笑)

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 US-1A 主脚 IMG_0174

建屋に一番近い位置にあるのが、海上自衛隊のP-2J対潜哨戒機4782号機
鹿屋基地第7航空隊で1994(平成6)年まで、飛んでいた機体。
このP-2J含め、それぞれの機体にこんな説明板ついてます。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 P-2J説明板 IMG_0155

P-2J 4782号機 IMG_2404

左舷機長席側には階段が付いて、コックピットを覗けるようになってます

P-2J 4782号機 IMG_2401

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館・・・先代のかかみがはら航空宇宙科学博物館時代から、水ロケットを造り飛ばすイベントが有名
やっぱりありました☆彡

これがまた、けっこう飛ぶんですわ

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 屋外展示エリア 水ロケット IMG_2407

訪問したのは3/30.リニューアルオープンした、次の金曜日。
屋外には地元のグルメなど、お店がいっぱい出て、とても賑わってました。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 屋外展示エリア 出店 IMG_2400

満開の桜並木、いやぁ・・・見事

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 屋外展示エリア 桜並木 IMG_0167_2

次回は館内への入り口から、サルムソン偵察機+ライトフライヤーの展示です。
しかし・・・こんな隠し玉を持っていたとは(驚)



























































この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: