2018年02月20日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館で展示される「飛燕」が姿を現しました

来月3月24日にリニューアルオープンする、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館。展示機の目玉の一つである、旧日本陸軍の3式戦「飛燕」。

air_ki61_2.jpg
※画像引用元 https://ww2db.com/image.php?image_id=120

博物館リニューアルのため、分解された状態で収蔵庫で眠っていました。オープンに向け、修復に当たった川崎重工の技術者たちが組立を行い、「雄姿」を現したそうです。
その姿は以下のリンク先でごらんください
※記事参照元 岐阜新聞 2/17 飛燕 輝く銀翼 組み立て作業

収蔵庫での姿 去年撮ってきました

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 519

陸軍三式戦闘機飛燕 三式戦飛燕二型かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 535

太平洋戦争真っただ中、1942年から南洋のラバウル方面へ投入されたこの戦闘機
戦局の推移とともに、フィリピンや日本本土で活躍したとのこと

調べてみると時期や展開する地域によって違うようで、塗装が銀色(無塗装かも)だったりグリーンを基調とした迷彩だったりするみたいです

あいち航空ミュージアムの名機百選でも模型がありますが、こちらはグリーンを基調とした塗装

932C1B27-DD0B-4B75-8880-7F34113D3643.jpeg
※管理人撮影

この岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の飛燕は、機体保護の観点とオリジナリティを残すと言う理由から、塗装は施さずにジュラルミンそのものの銀色の姿で、私たちの前に姿を見せるそうです。

戦争を体験してきた、貴重な機体。
そして設計者の土井 武夫氏は、戦後YS-11の開発にもあたってます。
戦闘機や爆撃機を作ってきた人が、敗戦後どんな気持ちで旅客機を作ったのかも知りたい。
リニューアルオープンしたら、私も見に行くつもりです。















この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: