2018年02月04日

あいち航空ミュージアムに小学生がこんな声を寄せてます

「こんな飛行機があったんだ・・・」考えるだけで、ワクワクしてくるとか。そんな投書が新聞に投稿されてました。

あいち航空ミュージアムのボランティアスタッフ控室にも貼りだされて、私なんぞはそれを見てはニヤニヤしてます(笑)

E92612F6-C6C4-475A-8721-A17CE360947D.jpeg

この子の家では零戦は映画で見て知ってはいたけど、愛知県で造られていたことは知らなかったとか。

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 IMG_1600

零戦については、私は「カッコいい」と言う所から入りました。
私の子供の頃は、インターネットなんて便利なモノはありません。
なので図書館で本を読んだり、当時テレビでやっていた戦争の動画を集めた番組などで知識を得たものです。

そうしていくうちに、技術的に優れた部分を知り、特攻に代表される負の部分を知りました。
どんなに優れた技術があろうとも、それを使う人間によっては悲劇的な結果を生み出すことも。

乗って戦った男たちはもちろん、撃墜されたり特攻で突っ込まれた敵艦で死んだ男たち。
そして絆を断たれてしまった、家族や友人そして恋人たちの事も知りました。

この子は零戦について書いてます。
でもね、別に零戦でなくてもいいんです。

エンジンの事でもいいでしょう
ひょっとしたら、エンジニアになるかも知れません(^^♪

三菱MU-2 JA8737 IMG_1806

興味が湧いたら、自分でどんどん調べて欲しい。
いろんなことが見えてくるから。
そのためのきっかけを作り材料を提供してあげるのは、私達大人の仕事ではないでしょうか。







posted by てっちゃん at 21:26| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: