2018年01月28日

元空自イーグルドライバーが見た ブルーインパルス告発

あの「けもフレ 痛飛行機」を飛ばしていた空飛ぶたぬき(@FlyTanuki)さんが、航空法の面から今回の告発を考察されています。

けもフレ痛飛行機 9C3A256C-D067-4FD4-86E5-EACC85792960

この方は、ご自身も航空自衛隊のF-15を操縦。ブルーインパルスで使っているT-4で飛行教官も務めてました。
※プロフィールはこちらのページから→https://twitter.com/FlyTanuki

難しい航空法や施行規則について、私達素人でもわかりやすく書いてくれています。
ぜひご一読を

なお、今回リンクをはらせていただく記事は「小牧スペシャル」と言われる、小牧基地での飛行を対象にしてます。他の基地で見られる宙返り・背面などを含む展示飛行とは違うので、その点ご注意願います。

記事はこちら
空飛ぶたぬきの航空よもやま話 2018.01.28 小牧航空祭のブルーインパルスの飛行は航空法違反?

この記事をアップしたあと、「急激な姿勢の変化」に焦点があるようですね・・・ともツィートしてますね。
※引用元 https://twitter.com/FlyTanuki/status/957473517452193793

また曲技飛行パイロットのウィスキーパパこと内海 昌浩氏からも、こんなご指摘をいただきました




ネットでもそして司法の場でも、議論がはじまることになります。
いろんな立場の声に耳を傾けつつ、自身も勉強していかなくてはならないなぁ・・・と感じてます。

ある意味「キチガイの言うことにいちいち構ってられない」と言う見方もできるかも知れません

でもね
私がボランティアスタッフでお手伝いさせていただいてる、あいち航空ミュージアムの零戦展示に難癖つけてきたのも、この手の人達。
ブルーにしてもミュージアムにしても、誤った情報を発信される可能性も否定できません。

いや、それ違うから・・・と言う発信は要るんじゃないか
放置・・・はできないかな?
と私は思ってます。

最後、問題の展示飛行
2017年3月に行われた、小牧基地オープンベースでの本番での飛行の動画をあげます
20分あるんで、時間のあるときにでもたぬき先生の記事を見比べてみてください。





















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 19:17| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: