2017年12月26日

F-35B導入の報道で気になった 日本を守るための話はどこ?

F-35B云々も大事。でも攻撃型空母の保有は専守防衛から逸脱だー的なことを書いてるけど、空母=専守防衛から逸脱と言う理屈が私にはわかりません。

さてこのF-35Bの話、ネットでは「あり得ない話ではない」とも言われてます。
しかし小野寺防衛大臣は完全否定。
マスコミもそれらしいことを、もっともらしく書いているけど、根拠が薄いだけに今一つ信憑性が・・・と言うところですね。

この報道が出たのが昨日の深夜。今日の防衛大臣記者会見で、案の定質問が飛びました。
小野寺防衛大臣は否定してるんですが、マスコミはなんとか吐かせたいと必死。手を変え品を変え質問しますが、検討もくそもないものはないと否定されて涙目。

この記者会見が防衛省公式サイトでアップされてます。
興味のある方、お読みになってみてください

防衛大臣記者会見概要 平成29年12月26日(11時15分〜11時31分)

F-35は今のところ3つのモデルがあって、航空自衛隊が導入を始めたのがA型。
垂直・短距離離着陸できるのが、今回話題のB型
そして、空母で発着艦できるのがC型。

F-35Bと言う戦闘機がこれ。



東京新聞としては、「いずも」から発艦するF-35Bをこんな感じで妄想してるんでしょうかね

この戦闘機を
F-35A42機のうちの1部をB型にしてーとか
「いずも」型ヘリ搭載護衛艦に積む構想がー、とか
滑走路が短い南西諸島の空港で運用がーとか、
強襲揚陸艦を新造してーとか
東京新聞はかなり具体的に書いてます。

その記事がこちら
防衛省「空母」用戦闘機を導入検討 「自衛目的」と整合性問題

「検討なんてしてないよ」と言った小野寺大臣が正しいのか
実はマスコミの報道が正しいのか
この話、長いスパンで見極めが必要なようです



東京新聞の書き方がどうも腑に落ちない私
F-35B云々の話よりも気になったのが、日本を守るための話が全然見えてこないんです

空母は自衛のための必要最小限を超えるから保有は許されない、としてきた政府見解との整合性がー
と言う文。

そして、現状F-15など空自戦闘機が離着陸できる3000m級の滑走路があるのは下地島空港だけだが
1971年当時に琉球政府と日本政府が交わした覚書では、民間機以外は使用しない・・・と言う「関係ありそうだけど実は関係ない話」をぶっこむところ

大事なのは政府見解がとかそういうことじゃないでしょ?
「日本をどうやって守るのか」と言う話の方が大事でしょ?
そこはどうなの?

先の戦争での過ちは反省しなければなりません。
しかし今、現在進行形で日本に脅威が迫っている現状
その反省の上にたって、どうやって我が国を守るかと言う議論もしなければならないのではないでしょうか。

マスコミや野党や9条教のみなさんはその議論すら許さないようですが、あんたたち日本を守る気あるの?く














ラベル:防衛省 自衛隊
posted by てっちゃん at 20:16| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: