2017年08月27日

C-2輸送機、アラブ首長国連邦(UAE)に輸出?

UAE側の「複数機欲しい」との意向を受け、日本側がC-2の性能に関して情報を提供したとこ。話はこれから、実現まではまだしばらく先の話です。
日経が27日付けで報じてるので、これに関連した話を。
自衛隊輸送機の輸出検討 政府、UAEに


2017年の小牧基地オープンベースで飛ぶC-2

C-2輸送機 68-1204号機 IMG_4982_2

防衛省や経済産業省が技術情報を提供←今ここ
これから価格や機数についてや「防衛装備品・技術移転協定」の交渉を本格化
※ちなみに現在の調達価格は1機約190億円
関係省庁やUAE政府との協議を経て、防衛装備移転三原則に基づき最終的には国家安全保障会議(NSC)の閣僚会合で最終決定
・・・と言う流れになるとのこと

日経は政府関係筋の話として、決まるまでには4〜5年かかる見通しと報じてます。

さて

これにかみついたのが緑の党代表の杉原こうじ氏




何が「懲りない連中だ」「食い止めなければ」なのか、私には理解不能ですが
これについては航空関係で多数の記事を書いている、フリージャーナリストの竹内修氏がこんなツィートを







この方、自分の足で稼いだ情報にしか信を置かないと言う方
ツィート見ていても「スゴイ人だな」と感心するばかり。

で、杉原氏の返信がこれ




毎日首相官邸に抗議に行けば止まるのなら、とっくに行ってます。話はそう単純ではないから、いろいろと工夫しているのです。
・・・と言われているので、杉原氏のブログに行ってみた。

武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表と言うこの方、思想は左よりみたい。それは自由だからいいんだけど

>毎日首相官邸に抗議に行けば
やってることは
小池都知事の朝鮮人虐殺被害者への追悼文送付を取りやめた件への電話・FAXによる抗議
三菱重工へ軍需産業は止めろーと株主総会会場前へ乗り込み
と言う行動

ブログも遡ってみたけど、「現状」少なくとも工夫されてる結果は見えていないようです。

杉原氏には氏の信念もあるし、いろんな行動も起こされています。
そこに私なんぞが口を出すのは間違い。
なのでここら辺でやめるけど、やっぱり工夫のあとは見えません。

ただ武器や装備品の輸出については、先方から「欲しい」と言う話があると言うこと。
そしてそれは先方が欲しいと思う理由があるから、それが無いと困るからと言う理屈もあるのではないでしょうか。

武器輸出、装備品輸出の話が出ると日本政府には文句を言うけど、欲しいと言った国には何も言わないのがこの手の連中。
それもおかしいんじゃないの?

みなさん、どう思います?









ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 15:32| Comment(0) | 空自 その他装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: