2017年08月19日

航空館boonのお話し その5 飛行機作りの現場

愛知見豊山町が運営する、航空館boon。
小牧基地の向かい側にあり、県営名古屋空港からも近く。

隣にはJAXA、そして三菱重工小牧南工場があります。
その三菱の工場では国産のジェット旅客機MRJや、航空自衛隊の次期戦闘機F-35も作られています。

また県内ではボーイング社のB787と言った旅客機の胴体なども作っているとか。
この関連の求人も、けっこう見かけますね。

そういう土地柄を反映したであろう展示コーナーが2つ
@航空機作りの現場
製造過程の説明や飛行機作りの現場で使われる工具の展示

航空館boon 展示資料 IMG_1085

この説明パネルの下には、工具類も展示

これはリベット打ちに使うのかな?
航空館boon DSC00945

これF-2戦闘機の主翼に使われる複合材のカットモデル
下にあるのはH-2Aロケットの部品
航空館boon 展示資料 IMG_1089

A愛知県の航空宇宙産業
こちらには圏内で製造された、B777のドアや外板のパネルが展示。
乗ったことはある旅客機だけど、改めて見ると「へぇ〜」て思えたりするから不思議

機体の外板パネル

航空館boon 展示資料 IMG_1081

これはドアパネルを裏から見たもの

航空館boon 展示資料 IMG_1083

次回は2階展望デッキから見える風景
滑走路は目の前、FDAや自衛隊機の離着陸が見える絶好のスポットです(^^♪

posted by てっちゃん at 08:07| Comment(0) | 航空館boon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: