2017年07月16日

ベル社、オスプレイを海上自衛隊に提案する

ベルヘリコプター・テキストロン社は、海上自衛隊で選定が進められているUH-X(次期多用途ヘリコプター=艦載型)に、V-22オスプレイを提案する意向を示しました。
※記事参照元 東京防衛航空宇宙時評 2017.06.23 ベルヘリコプター、海自UH-XにV-22を提案の意向

オスプレイのメーカーである、ベルヘリコプター・テキストロンの日本法人ベルヘリコプター株式会社のリチャード・ソーンリー社長が、6/21にパリ航空ショーの会場で行われたプレスブリーフィングで語っています。

記事によると
提案理由は、アメリカ海軍で空母へ物資を運ぶ輸送機C-2グレイハウンドの後継機にCMV-22が採用されたこと。
そして海自内で以前に議論されていた、MCH-101やSH-60Kに比べると価格は高いが、速度や航続距離で勝るV-22であればより少ない機数で任務が果たせることを上げています。

これに関していくつかツィートが上がっています







そのツィートがこちら
一連のツィートに、かなり具体的に示されています。
読み解くには努力が必要だけど、一読する価値は大いにあると感じました




搭載艦側の整備員の事やUS-2の後継機も考察されている、bebe @EDCB_Appleさんのタイムラインはこちら↓

https://twitter.com/EDCB_Apple


お上=防衛省はどう考えてるかわからないけど・・・




売り込む側はここまで考えているようですね。

オスプレイを政治的なパフォーマンスに使うなー、とパヨクの皆さんが騒いだ熊本地震では
実際にこんな使われ方がされていたそうです。




bebe @EDCB_Appleさんは海上自衛隊の任務と言うか運用を考えると、V-22オスプレイはメリットもあるけど、ちょっと向かない部分もあるんじゃないか・・・と見ているようです。

あとはそこを防衛省や海上自衛隊がどう見るか、どう取捨選択するか・・・ですかね。





posted by てっちゃん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック