2017年05月21日

零戦と秋水を撮りに三菱重工・名古屋航空宇宙システム製作所史料室へ 展示資料&アクセス

零戦がある三菱重工・名古屋航空宇宙システム製作所史料室。
メーカーでなければ見ることもできないような資料も充実してます。

史料の展示は、戦前に航空機開発を始めたころ〜戦中〜戦後〜現在と言う時代の流れに
民間と旧陸海軍、そして現在の防衛省、と言う区別。
壁に沿って歩いていくと、時代の流れにそって見ることができるようになっています。

名古屋航空宇宙システム製作所史料室 展示資料 IMG_5235

各種航空機の模型も
けっこう丁寧に作りこんであります

名古屋航空宇宙システム製作所史料室 展示資料 IMG_5248

これは貴重だなぁ、と思ったものをいくつか

各務原飛行場で発見されたと言う99式襲撃機のプロペラ

名古屋航空宇宙システム製作所史料室 展示資料 IMG_5271

99式襲撃機はこんな飛行機

300px-Mitsubishi_Ki-51-1.jpg
※画像引用元 ウィキペディア

襲撃機と言うのは今で言う地上攻撃機みたいなもので、敵飛行場の飛行機や地上に展開する部隊を超低空、または降下爆撃を行う機体だそうです。
三菱が1939年に初飛行させてます。

秋水の燃料を保存していたと言う陶器製の容器と、酸素ヘルメット?
燃料には強い腐食性があったので、容器には陶器が用いられたそうです

秋水 展示資料 IMG_5264

零戦の図面なんてのもありました
へぇ、昔の図面はこうやって書かれていたんだ・・・なんて素直な驚き

名古屋航空宇宙システム製作所史料室 展示資料 IMG_5272

名古屋航空宇宙システム製作所史料室 展示資料 IMG_5273

この三菱の史料室についての記事は、これでおしまい。
史料室は手狭になったことと資料の整理のため、今月5月末で一度休館するそうです。
現住所で再開するのか移転するのか、いつになるか・・・等は、現時点では全く不明です。

今年11月に、県営名古屋空港横にオープンするあいち航空ミュージアムに零戦を展示する話も不明。
現時点ではオープン時には零戦は無し、と言う方向です。

行きたい、と言う方
まず史料室に電話で予約が必要です。
こちら三菱のページを参考にしてください

名古屋航空宇宙システム製作所史料室 2017年5月までに史料室を見学希望の皆さまへ

史料室へのアクセスです
@車で行く方
ナビで行けばそんなに難しくありませんが、近くに大型のショッピングモールがあるので平日でも混雑するときがあります。
駐車場は正門に入ってすぐ。左手にあります。

Aバスで行く方
いろんなルートがありますが名古屋駅からだと、あおい交通が運営する「県営名古屋空港行きバス」に乗るのが一番楽チンです。
JR名古屋駅前にあるミッドランド・スクエア前から乗車、名古屋高速を経由して「三菱重工南」停留所で下車。1時間に1本くらいの間隔で発車して、所要時間は約20分。料金は700円(片道)
バス停からは徒歩約3分で正門。

あおい交通ホームページ 名古屋空港直行バスのページは以下のリンクへどうぞ
時刻表、バス停の地図があります

http://aoi-komaki.jp/

三菱重工南バス停の地図は、このページ

http://aoi-komaki.jp/archives/103

車の方もバスの方も、正門に入ったら守衛所で受付をすませてください。
電話で予約した予約簿と突合せをしますので。
中には入らず、右手に進むと史料室の入口です。

航空機ファンの方、ぜひ一度実物をご覧になってみてください。
戦いの歴史、そしてその中から生まれたデザインの美しさ・・・いろんなことを体感できることでしょう。





















posted by てっちゃん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地航空祭関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック