2017年04月06日

小牧基地でイタリア空軍とKC-767ジョイント・ワーキング・グループが開催されました。

F-35Aの配備が近い航空自衛隊。
同じKC-767を保有し、同じF-35を導入するイタリア空軍から、空中給油のノウハウを吸収するための会議だったのかな?
※イタリア空軍はA型とB型を導入するとか

以下、航空自衛隊公式サイト ニュースリリースから

平成29年3月16日(木)及び17(金)、小牧基地において、航空自衛隊の空中給油・輸送機KC−767と同型機を運用するイタリア空軍とKC−767に関する意見交換のためのワーキング・グループを行いました。
また、空軍参謀本部のカパッソ大佐及び14航空団司令のカルーソ大佐が小牧基地司令を表敬するとともに、部隊研修等を行いました。
本ワーキング・グループを通じ、イタリア空軍との相互理解を促進するとともに、信頼関係を強化しました。今後も航空自衛隊は、様々な機会を通じ、各国空軍との防衛協力・交流を進展させていきます。


img01.jpg

img03.jpg

※画像及び記事引用元 http://www.mod.go.jp/asdf/news/release/2018/0404/

イタリア空軍KC-767

Italian-tanker-refuel-600x400-490x327.jpg
※画像引用元 https://aviation-space-business.blogspot.jp/2015/08/f-35kc-767.html

イタリア空軍のKC-767も空自・小牧基地に配備されているKC-767と同じボーイング767-200をベースにしています。
しかし、イタリア空軍のKC-767には両翼端にプローブ・アンド・ドローグ式のポッドがあるのが相違点。

2015年8月イタリア空軍のKC-767が、アメリカ空軍のF-35に空中給油試験を行う動画



各国空軍との防衛協力・交流を進展させていきます
ノウハウの吸収と言う点でも大事・・・ですよね。




posted by てっちゃん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 空中給油機 KC-767 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448724565

この記事へのトラックバック