2017年03月06日

小牧基地・救難教育隊、長野ヘリ墜落事故で出動

3/5午後に発生した、長野県の防災ヘリ墜落事故。
小牧基地の救難教育隊が、災害派遣の要請を受けて出動しています。

※記事参照元 防衛省発表 報道資料 長野県消防防災ヘリ墜落に伴う人命救助に係る災害派遣について
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2017/03/05a.html

事故は発生は5日の15時すぎ
15:48に東京空港事務所長から航空自衛隊中部航空方面隊司令官へ
15:50に長野県知事から陸上自衛隊第13普通科連隊長へ
人命救助に係る災害派遣要請がされました

現場はこのあたり
諏訪湖の北西、松本市との中間くらい
長野自動車道を走ると、右手に見えるなだらかな山です



災害派遣要請を受けて救難教育隊は
17:26にUH-60Jを
17:27にU-125Aを発進させ

さらに
17:43にUH-60Jを、もう1機発進させ現地へ向かわせてます

また松本市駐屯の第13普通科連隊は、人員と車両を長野県庁及び現地へと向かわせてます

事故の結末については、各報道機関の報道をご覧ください
悲しくて、ちょっと書けません。ごめんなさい。


その昨日は、小牧基地ではオープンベース
縄ばしご体験のコーナーでは、メディック(救難員)達が子供に縄ばしごの体験をさせてました

IMG_0910_2.jpg

強面のメディックが、とても楽しそうな顔をしていました
実際に彼らが出動したわけじゃないだろうけど(待機している隊員がいるだろうと思うので)

なんて言ったらいいんだろう
こういう隊員たちによって、日本は守られてるんだなぁ
そんなことを想ったりしました





posted by てっちゃん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 救難機 UH-60J U-125A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック