2017年02月24日

小牧基地のKC-767が海外の航空ショーに参加です

今回参加する航空ショーは2つ
ニュージーランド・オハケア空軍基地で行われる「RNZAF 2017 エア・タトゥー」
オーストラリアのメルボルン近郊にあるアバロン飛行場で行われる「オーストラリアン・インターナショナル・エアショー2017(アバロン・エアショー / Australian International Airshow 2017)」

この2つの航空ショーに参加するとともに、オーストラリアやニュージーランド空軍との部隊間交流も行われる予定です。

出発は2/23。
まずは2/25、26に行われる「RNZAF 2017 エア・タトゥー」に参加です。

今年はニュージーランド空軍が80周年を迎えるとか。
開催国ニュージーランドの保有するC-130HやNH-90などのほか、お隣オーストラリア空軍のFA-18やC-17。
アメリカ空軍のKC-135やシンガポール空軍のF-15SGストライクイーグルも参加。
小牧基地のKC-767は地上展示のみでの参加です。

次にオーストラリアへ移動
3/3〜5にかけて南半球最大規模のオーストラリアン・インターナショナル・エアショー2017(アバロン・エアショー)へ参加します。

こちらは2年に一度の開催。前回2015年もKC-767が参加しています。

オーストラリア空軍からはFA-18やKC-30にP-8ポセイドンと言った最新鋭機やC-130JにC-27Jなど
空軍のみならず、海軍や陸軍の装備の展示もあり
また民間機やドローンなども展示されます

最新のFA-18から第2次大戦当時のP-40やP-51にスピットファイアと言った往年の名戦闘機も飛ぶそうです

そして今回の目玉は、オーストラリアの国旗を付けたF-35が出展されること
トレーニングをしている、アメリカ・ルーク空軍基地から「わざわざ」飛んで来るそうです
しかし、オーストラリアの国旗を付けた機体。地上展示だけですが、国民には大きなアピールになりますね

20141001DMO0000_0002.t56ce1e9f.m800.x6cd29b41.jpg
※画像引用元 http://images.airforce.gov.au/fotoweb/archives/5010-Air%20Force%20Images/DefenceImagery/2014/S20142930/20141001DMO0000_0002.jpg.info#c=%2Ffotoweb%2Farchives%2F5010-Air%2520Force%2520Images%2F%3Fq%3DF-35

南半球最大規模だけあって、展示される機種がハンパないアバロン・エアーショー
イギリスからはA400M、シンガポールからはF-15SGやKC-135
アメリカ空軍はF-22ラプターを出展させ、実際に飛ばすそうです。さらにはB-1Bも地上展示するとか。


この出展機のリストを見てるだけで、興奮して鼻血が出そう(笑)
アバロン・エアショーの公式サイトがこちら
超・気合入ってるサイトです

一度でいいから行ってみたい


http://www.airshow.com.au/airshow2017/PUBLIC/index.asp


何にしても、気を付けて行ってきてくださいませ






posted by てっちゃん at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 空中給油機 KC-767 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック