2017年02月28日

タイで初の邦人救出訓練に小牧基地C-130が参加してます

これは東南アジア最大規模で行われる、多国間共同訓練コブラ・ゴールド17での話です。

アメリカとタイが主催し、シンガポールや韓国、中国など9ヶ国が参加するこの演習
期間は1/24〜2/24

訓練内容としては大きく分けて以下の4つ

(1)指揮所演習
海賊対処行動及び諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に係る計画作成、多国籍軍
司令部との調整要領等
(2)在外邦人等保護措置訓練
ア 先遣調査チームによる活動から、在外邦人等の車両による輸送、警護、在外公館か
らの引継ぎ、航空機への誘導及び航空機による輸送に至る一連の活動要領
イ 米国、タイ及びマレーシアとの連携・協力
統 合 幕 僚 監 部 報 道 発 表 資 料
(3)人道・民生支援活動(衛生)
感染症及び応急医療に係る人道支援・災害救援を想定した机上演習等
(4)人道・民生支援活動(建設)
国際平和協力活動における施設活動要領

※記事引用元 統合幕僚監部 報道発表資料 29.1.17 多国間共同訓練コブラ・ゴールド17への参加について

小牧基地のC-130輸送機は在外邦人の保護・輸送訓練に参加してます

日本は平成17年からこの訓練に参加していまるそうですが
今回の訓練は今までとはちょっと変わった内容となっているそうです

多国間共同訓練ではありますが、今までの邦人救出訓練では「日本人のみ」を対象にしていたのに対し
今回からは他国の方も含めて救出・保護→輸送と言う内容になっていること

毎日新聞では
混乱の中で他国民と入り交じった状態が想定される。
※記事引用元 毎日新聞 2/20配信 自衛隊 海外で初、救出訓練 他国と連携 タイ

と書いていて、「より実際のケースに近い」訓練であることがうかがえます

この訓練の動画がYouTubeで上がってます
空港に着陸したC-130がバックで駐機場に入り、保護した方々を機内へ誘導する様子が収められてます



また陸上自衛隊のフェイスブックでも
YouTubeとはちょっと違う視点から撮っています



実際はこんな事態が起きないのが一番だけど
困ったことに、キナ臭い国がありますからねぇ。すぐ近くに。





posted by てっちゃん at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 輸送機 C-130H | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック