2016年12月23日

E-2Dアドバンスドホークアイに空中給油機仕様が登場

早期警戒機E-2Dに、空中給油機能の付いた機体が登場。
メーカーのノースロップ・グラマン社が、12/15に初飛行を成功させてます。
http://news.northropgrumman.com/news/releases/e-2d-advanced-hawkeye-with-new-aerial-refueling-capability-successfully-completes-first-flight

E-2D早期警戒機と言うのが、これ
空自が現在運用中のE-2Cとの外観上の違いは、プロペラが4枚から6枚になるところ

0204A0AC-9DB2-467E-9FD1-1D5ACF338279-390-000000B236684324_tmp.png

空中給油機能の付いた機体は、こんなお顔

E-2D+AR_1_dd9b2bbc-ceb6-4d31-8c66-4e04f43d1dd6-prv.jpg

E-2D+AR_2_79deb7f7-3ac1-4f5b-addf-1a423b0b390c-prv.jpg
※画像引用元 上記、記事参照元

ノースロップ・グラマン社はこの空中給油機能の追加によって、より長時間より広範囲で任務を果たす事ができるとしてます。
より長い時間のミッションにも耐えられるよう、シートも改修したんだとか。

来年2018年に、まずは3機を空中給油仕様に改修する計画です。

空自に導入されるE-2Dは?

このE-2D、近く航空自衛隊にも導入される予定ですが
現在のところ、空中給油機能が付くのかどうかは不明。
4機調達予定と言われているうち、1号機はすでに製造が開始され、2号機も生産開始に向け契約が完了。
1号機は来年2018年に、納入される予定です。
http://investor.northropgrumman.com/phoenix.zhtml?c=112386&p=irol-newsArticle&ID=2192449

E-2Dが選ばれたのには、こんな訳も

ボーイングのE-737と競り合って、次期早期警戒機となったこのE-2D
決め手になった理由は、現在運用中のE-2Cとの流用性や価格もありますが
やはりポイントはレーダーの性能。

レーダーの探知範囲が広いこともありますが
その性能は、戦闘機クラスの大きさのステルス機をも発見できるとも言われています。

こちらのブログで詳しく書かれているので、興味のある方はぜひお読みください。

稀典のひとりごとブログ E-2Dが選ばれた理由



ラベル:航空自衛隊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック