2016年11月20日

ボーイング、KC-46ペガサスをインドへ売り込み

日本の航空自衛隊も近々導入予定、ボーイング社のKC-46Aペガサス空中給油機
メーカーもボーイング社は、次の売り込み先としてインドに目を付けました

KC-46Aペガサス

kc46a_f_960x600.jpg
※引用元 http://www.boeing.com/defense/kc-46a-pegasus-tanker/index.page#/gallery

この空中給油機は非常に高価、ゆえに買うことが出来る国は限られてきます。
もちろん買い替えなんて、そうそうできません。

なので購入する国は限られてくるわけですが
空中給油機の市場ではエアバスDS社のA330MRTTが先行、たいしたトラブル等もなく成功を収めてます
身近なところでは、韓国も導入を決めてます

エアバスA330MRTT

WS000001.JPG
※引用元 https://airbusdefenceandspace.com/our-portfolio/military-aircraft/A330MRTT/

対してKC-46Aペガサス
開発途上のトラブルの多発、開発遅延に加えてコストの高騰
はっきり言ってエアバスDSのA330MRTTに、大きく後れをとっています
売れるのが決まっているのが今のところ日本だけ、と言う悲惨な状態
※イスラエルが検討中とも

発注済の機数だけなら、A330MRTTよりKC-46Aの機数が多いのですが
いかんせん開発コストがかかり過ぎてる状態

これじゃ会社がつぶれる(と思ったかどうかわかりませんが)
ボーイング社はインドに目を付けたご様子
地元インドの経済紙が伝えてます
※記事参照元
http://economictimes.indiatimes.com/news/defence/us-places-its-latest-tanker-aircraft-to-meet-indias-need-for-longer-legs-in-the-air/articleshow/55451506.cms

そのインド
一度A330MRTTの導入を決定しながら、「値段が高い」と購入を無期限停止
現在はロシアからIl-78M-90Aの購入に向けて交渉中です

Il-78M-90A

w.jpg
※引用元 https://rostechnologiesblog.wordpress.com/2013/07/09/russia-starts-il-78m-90a-prototype-production/

そこに割って入ろうとしているボーイング社
仮にこの話がボーイングで決まり、となると
KC-46Aの生産数が増え、コストが低下・・・ひょっとしたら値下げの可能性も有り得るわけです

ここはぜひ、ボーイングには頑張ってほしいですね(^^♪







ラベル:ボーイング
posted by てっちゃん at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック