2016年10月25日

木更津でオスプレイの騒音調査

連投になりますが、オスプレイの話です。

こちらは千葉県木更津。
沖縄に駐留するアメリカ海兵隊のオスプレイ、この機体の定期整備の拠点として選ばれたのが陸上自衛隊・木更津駐屯地。

整備は富士重工業がが担当。来年2017年1月ごろから、整備をしていく計画で
将来は陸自のオスプレイも整備していくことになっています。
※参考記事 日経 2015.10.30 オスプレイ整備拠点に木更津駐屯地 富士重が受注

昨日10/24に、アメリカ海兵隊の実機を使っての騒音調査が行われました。
一般の方が動画をアップしてます。
マスゴミの動画は使いません。余計な印象操作ばかりなので。



この調査は市が要請していたもので、今年4月に予定されていたものがアメリカ側の都合で中止になっていたもの。
テレビ・新聞、メディアが、この騒音調査で飛来したオスプレイをいっせいに報じてます。

皆さんも感じてるかも知れませんが、
何でオスプレイを、こうも特別扱いするのか
この特別扱い、もう異常です

産経は
駐屯地では周辺への影響を調べるため騒音測定するほか、渡辺芳邦市長らが搭乗して安全性を確認。
※記事引用元 産経 10/24 千葉にオスプレイ飛来 整備拠点の木更津駐屯地
産経お得意の「安全性がー」です

そん危険な飛行機に、市のトップである市長みずから乗るんかい・・・なんてツッコミを入れたくなります
で、市長や地元市議会議員などが実際に乗った結果
「通常の輸送ヘリの騒音と大きく変わらない印象を受けた。調査結果を待ちたい」
と言ったそうな。
※記事引用元 10/24 NHK NEWS WEB オスプレイ 整備拠点の木更津駐屯地に初飛来 騒音調査

ちなみに、この木更津市にはCH-47チヌークの「巣」と言われる、第1ヘリコプター団がありますから
普段から爆音を聞いてる人たちです。

マスゴミとパヨクが「墜落だらけだー、危険だー」と騒ぐオスプレイ
オスプレイって危険なの?と思ってる方も多いかも知れませんね。

詳しい「事故」状況と件数を挙げて説明した資料があります
私のブログでも取り上げたので、そちらを参照してくださいませ。
この資料読むと、マスゴミとパヨクの言ってることがウソなのか良くわかりますので。

オスプレイの事故率について

反日テレビ局のNHK
オスプレイに反対する「市民団体」の声のみを報道
76歳の男性は「住民を守る責任のある木更津市からもはっきりとした説明もなく、住民の声を無視して飛んできて、びっくりしています」と話していました。騒音を測定していた69歳の男性は「最大でカラオケと同じぐらいの音量がしました。今まで聞いたことのない音で、怖いものを感じます」と話していました。
※記事引用元 10/24 NHK NEWS WEB オスプレイ 整備拠点の木更津駐屯地に初飛来 騒音調査

その市民団体とやら、こんな抗議の声を上げていたそうな
反対は別にいいけど、やってることがまさしくクズだね。こいつらは。






あなたの1クリックが、私の励み。
クリック、よろしくお願いします(^^♪
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


posted by てっちゃん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック