2015年11月14日

XASM3の実射試験が行われます

11/12付けの中日新聞Web版
防衛省が石川沖の日本海に広がる訓練空域「G空域」で来年度に、開発中の新型空対艦ミサイル「XASM3」の実射実験を検討していることが、航空自衛隊関係者への取材で分かった。

XASM3がこれ
xasm-3_141123_5D3_4671re1w.jpg
※画像引用元 http://aeroscape.sakura.ne.jp/petit/petit14133.htm

>防衛省によると、XASM3は、二〇一〇年度に当時の同省技術研究本部(現・同省防衛装備庁)と三菱重工(東京都)が開発を始めた国産ミサイル。ロケットとターボジェットを組み合わせた「インテグラル・ロケット・ラムジェットエンジン」を搭載し、従来の空対艦ミサイルより推進速度が速いのが特徴。
(中日新聞Web)

最大速度はマッハ3近く
アメリカで開発され、日本でも使われてるAGM-84ハープーン
世界でもベストセラーと言われてるこのミサイルでも最大速度がマッハ0.8ちょっとですから
このスピードはインパクトありますね

ちなみに積まれるのは対艦番長F-2戦闘機です
7ccc8bac6b6759fc0cd33387b46a8193.jpg
※画像引用元 http://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/980aa61334134c1edeb7ab0f6df42ba8

発射されたら最後
撃ち落とすことはまず不可能

菅官房長官は会見で「特定の国を想定したものではない」と述べてますが
中国は涙目、韓国は発狂状態でしょうね。




あなたの1クリックが、私の励み。
クリック、よろしくお願いします(^^♪
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
posted by てっちゃん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空自 その他装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック