2020年02月16日

YS-11の機内内蔵タラップには開発者の思いがこもってる

国内主要空港はもちろん、地方空港への就航も狙って作られたYS-11
乗降に必要な設備があまり整っていない空港が多かった時代
そんな空港でも乗り降りできることで、より多くの人が飛行機乗れるようになる

・・・と言うことから考えた推論
でもこうやって書けば、夢があるじゃないですか(^^♪

あいち航空ミュージアムで実施している、YS-11の機内公開。
機内へは機体後部左側の補給兼緊急脱出扉(非常口)から出入りしていただいてます。
低いし狭いんだ、この非常口が(笑)

IMG_5212.JPG

機内でこの内蔵タラップを説明するときに
「ホントはここから乗り降りするんですよー」とお話しすると
若い方の多くは驚かれます

機内から見た内蔵タラップ

26B1B637-ABEB-4DB1-8E15-C08C3A1E14EF.jpeg

これは開閉時に使う操作盤

E7FF60CC-2C9F-4239-B099-3A0D902B6E8A.jpeg

そりゃそうでしょう
今では空港ビルから直接飛行機に乗れるボーディングブリッジが当たり前
タラップが付いたあの車でさえ知らない方もいるかと思います

私が飛行機を良く使うようになった昭和60年前後
羽田は言うに及ばす、千歳や函館でもボーディングブリッジが使われていました
タラップが付いたあの車も使ったことありません

30代・・・下手すりゃ40代の方の多くがボーディングブリッジ世代ではないでしょうか

このYS-11が開発された目的の一つに
「主として国内幹線およびローカル線に使用できること、東南アジア、その他への輸出を可能とすること」
※引用元 一般社団法人 日本航空宇宙工業会 日本の航空宇宙工業 50年の歩み 航空機各論 P15(PDF)

開発が始まった昭和30年代後半
羽田など主要空港でもタラップを付けての乗り降り
地方空港では乗降に必要な設備が整ってなかったと聞きます

設備が整っていない地方空港へも飛んで行って、お客さんを乗り降りさせることができると便利だよね
と、この内蔵タラップを装備させた

・・・んじゃないかなぁ、と推察しています

実際のところ、YS-11の艤装を担当した土井武夫氏(三式戦「飛燕」の開発者)は、そんなことひと言も言ってません。
※艤装=航空機に操縦装置や室内装備などを装備すること

参考資料 航空学会誌 第9巻 第89号 国産中型輸送機 YS-11の艤装について

P26に昇降扉のサイズについて記述があるだけです

※同じページに座席ピッチ=前後の間隔について記述がありまして
 この間隔なら乗客1人あたり1つの窓を有することができ、外の景色を楽しむことができると書いてるあたり
 開発者の思いが込められてるのかなぁ、とも読み取れます

また前間孝則氏著「YS-11 国産旅客機を作った男たち」にも記述はありません

高級品?一部の人しか乗ることができなかった飛行機
今や気軽に乗れて身近な存在になったのは事実
このYS-11が大きな役目を果たしたのはまちがいありません

あいち航空ミュージアムでボランティアスタッフをさせていただいてる私
この内蔵タラップを動かしての展示はできないものかと、ミュージアムに意見具申はしました

今の飛行機には階段付いてないよね?
空港行ったら、そのまま飛行機に乗れるよね。
それだけ便利になったのも、技術が進歩したからだよ
なんてことも知っていただけたら、と思ったからです

フォロワーさんからも、このような動画をいただいて
ぜひ実現を、と考えています
(私にとってフォロワーさんは宝です)

この動き・・・ホント芸術だわ



でもねぇ
いろいろ難しいことがあるのも事実

電源をどこから取るか。何せ家庭用100Vじゃ動きません
このタラップは折りたたみ式。動かせばヒンジ部分やドアにも負荷がかかる。メンテナンスはどうする?
改修や維持にかかる費用は?

ボランティアの先輩が
「アンタ心配性だねぇ」
と言いました(笑)

タラップを可動させての展示を実現してほしいだけに、やっぱりいろいろ心配なのよ(爆笑)

YS-11を使った職業体験の様子です
子供達がこの飛行機を通じて航空機産業に興味を持ってもらえれば、と切に願います

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 YS-11 機体外部点検 A8F199CD-BC0F-4ED1-BE57-A0E5B1743F68






※記事中の画像は管理人が撮影し、著作権を有しています。
 ツィッター内の動画はツィ主さんに著作権があります。ツィッターのリツィートを除き、無断転載厳禁。














posted by てっちゃん at 21:18| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。