2020年02月29日

太平洋戦争末期に登場した人間爆弾「桜花」に関わった人のお話し

1.2トンと言うとんでもない爆弾に翼とロケットを付けた飛行機に乗り、敵艦へと突っ込む人間爆弾「桜花」。
この特攻兵器に関わった人のお話しが現代ビジネスのweb版で配信されました。

「桜花」がどういう兵器で、どれだけ戦果があったか・・・と言うより
この「桜花」で編成された第721航空隊で分隊長を務め、戦後は航空自衛隊で空将補を務めた湯野川守正氏を軸に記事は進みます。

秘密指令の見出しどおり、「こんなことがあったんだ」なんてのもあるけど
ところどころにちりばめられている、指揮官や若い桜花搭乗員についてのエピソードに惹かれます。

特攻云々と言うのは私なんぞが軽々しく言う問題じゃありません。
こんな事実があったことをお伝えできれば、と思ってます。

記事はこちらのツィート内リンクからどうぞ
桜花や搭載母機の一式陸攻の画像もあります
ちょっとボリュームあるので、時間があるときにじっくり読んでください



この「桜花」神雷部隊の一式陸攻がアメリカ機動部隊へ出撃、迎撃される様子を撮影した動画です

この当時はアメリカ空母艦載機の性能も大幅にアップ。
1.2トンもの人間爆弾を積んで重くなり、回避行動がとれない母機の一式陸攻は絶好の標的。
被弾し右主翼が吹き飛ばされたシーンで、1分ちょっと動画は終わってます。

映像から見ると1945年3月21日の第1回目の出撃のもよう
この日出撃した一式陸攻は18機。敵機に迎撃され15分で全滅、とあります。











posted by てっちゃん at 09:07| Comment(1) | 第2次世界大戦や太平洋戦争のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

あいち航空ミュージアムによゐこの濱口優さん 来館

濱口さんが司会を務める、テレ朝系名古屋ローカルの名古屋テレビ「デルサタ」の取材のためみたいです。
このデルサタ、土曜日朝の情報番組。見る方も多いかと思うので、効果を期待したいです(^^♪
ちなみに・・・もう一人のMCは鈴木ちなみサン。この子も来てくれないですかね(笑)

以下、あいち航空ミュージアム公式フェイスブックより



こちらは、あいち航空ミュージアム サイエンスラボスタッフのインスタ

この投稿をInstagramで見る

. よゐこの濱口優さんが! きてくださいましたー✈️✨ YS-11シミュレーターにも挑戦されて、 ☆4つ!!上手い!! Instagram用の写真撮影も サインも快くOKしてくださって、 とっても優しい💓 私、緊張しすぎて全然喋れなかった😂 メ〜テレ3月14日6:30〜 デルサタで放送されます✨ ぜひご覧ください🙌✨ . #あいち航空ミュージアム#サイエンスラボ#飛行機好きな人と繋がりたい#愛知県観光#子どもとお出かけ#県営名古屋空港#エアポートウォーク名古屋#豊山町#飛行機女子 . #メ〜テレ#デルサタ#土曜日#6:30#よゐこ#濱口優 さん#かっこよかった#優しかった#緊張しすぎた#もっと話したかった#シミュレーターうまっ!#☆4つ!#デルサタ見てね💓

あいち航空ミュージアム サイエンスラボスタッフ(@aichimof_sciencelabo_staff)がシェアした投稿 -



先日は同じく名古屋のローカル番組の取材で、ガレッジセールのゴリさんが来館してくださいました。
名古屋のテレビ各局が取り上げてくれてること、ありがたいことです(^^♪


新型コロナウィルス感染拡大防止のため、臨時で休館する施設などありますが
あいち航空ミュージアムでは以下のように対応し、3/3〜6の臨時休館と毎週火曜日の休館日をのぞき開館する予定です。

・エントランスなどにアルコール消毒液を設置

・エスカレーターの手すり、エレベーターのボタン、トイレの入口のノブなどのアルコール清掃の実施

・館内スタッフはマスクを着用

今後の感染状況を踏まえて、各種体験プログラムなどを中止する場合がありますので、最新情報はWEBサイトでご確認ください。

※引用元 あいち航空ミュージアム公式サイト 2020.02.27 新型コロナウイルス感染予防対策について

でも・・・風邪かな?何となく元気が出ないなぁと言う方は、元気になってから来て下さいね☆


















posted by てっちゃん at 21:36| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

今日の小牧基地はお祭り騒ぎだったようで

とは言ううモノの、あくまでも統合防災訓練=南海レスキューの一環でのこと。
在日米軍のC-130Jを始め、統合幕僚長を乗せたU-4多用途支援機や人員を運んだC-2輸送機、さらには陸自さんのUH-1やCH-47JAも飛んでたとか。



こんな訓練もやっていたそうで
乗る事できた人がうらやましい




私・・・休日にあいち航空ミュージアムでボランティア活動させていただいてます。
土日でも自衛隊機が飛ぶことがあるんですが
来館者の多くが、休日に自衛隊機が飛ぶのなんて珍しいと思ってるでしょう。
でもホントは国民を守るための訓練をしている、と言うことも知って欲しいと思います。







posted by てっちゃん at 19:39| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

2/16(日) あいち航空ミュージアムでのボランティア日記

あのチビッ子の質問責めには参った(笑)
そこを聞くか?と言うところを突いてくる。ワイ氏・・・タジタジ。
私の狭い知識を総動員して応戦したものの、かなり押されました(汗

この日は雨。しかも新型コロナウィルス・・・の割には結構多くの方に来ていただいた印象。
地区の集まりと言った団体さんも多かったようです。

雨が降っていたので、屋上展望デッキにはほとんど行かず。
YS-11の機内公開が終わって、雨も小降りになったときに上がったら
このチビッ子につかまりましたwww

天気は悪かったけど、ちょうどFDAのオレンジが出発するところ
「まだかな」とか言ってたおチビちゃんたち。

もう目がキラキラ☆彡
ちょうどピンクも着陸してきて、一気に興奮状態。
さらにパイロットさんからお手振りいただき、テンションMAX

パパさんママさんも大喜び
私もホントに嬉しい。

この時に撮った写真4枚を一緒にアップします。



FDAフジドリームエアラインズのパイロットさん、お手振りいただきいつもありがとうございます。
来館者の方、ホント喜んでおられます。



JA05FJ オレンジが水煙を上げて離陸



JA03FJピンクは着陸を



これから暖かくなります
あいち航空ミュージアムからは、いろんな飛行機を見ることができます
ヘリコプターなんか屋上展望デッキの目の前を降りてくるから、大興奮間違いなしw

各種イベントも開催。あいち航空ミュージアムに、ぜひおいで下さいませ(^O^)/







※記事中の画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。













posted by てっちゃん at 20:28| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青函連絡船摩周丸がメンテナンスのためドック入り 3月にはキレイになって再登場

思い出と言うのはいつまでもキレイであって欲しいものです。
私らの年代、修学旅行と言えばこの青函連絡船。
思い出がいーっぱいある船が、お色直しをしてキレイになって甦るそうです。。

今回はこの青函連絡船摩周丸がメンテナンスに入ると言うこと
こんな船ですよー、と言うのを動画と写真で紹介します
動画・画像多いですのでwifi環境下でご覧願います

北海道函館市と青森県青森市を約4時間で結んだこのフネは、1988(昭和63)年3月の青函トンネル開通をもって廃止。
函館港には摩周丸(2代目)が記念館として保存・係留されています。

1988年の最終航海から30年以上
先回帰省した時に見に行ったのですが、あちこちボロボロ。

塗装は剥げ、錆びだらけになっていたその姿
正直悲しかった(ToT)/
※2016年5月撮影

IMG_0801.JPG

IMG_0305.JPG

それが今回塗装を含めたメンテナンスのために、函館ドックに入ったそうです

キレイになった姿をまた見ることが出来ると思うと、やっぱりウレシイ

記念館ゆえ自力航行はできないので、タグボート曳かれてドックへ移動
海の上を進む姿は、在りし日の雄姿を想い出させます

YouTubeにドックへ移動する姿を収録した動画があったのでご紹介します
18分半近くあるので、かいつまんでご覧ください



旧国鉄が物資や人を運ぶために開設した航路のため
貨車をそのまんま船に積めると言うユニークな船
以下の動画では、貨車の積み下ろしの様子が収録されています
またこの貨車甲板に波が入り浸水・沈没した洞爺丸台風の教訓を得て装備された、水密扉の動く様子も貴重
※冒頭42秒くらいから3分30秒くらいまで



船内の様子もありました
私は椅子席ではなくマス席が大好き(^^♪



青森までの約4時間、ここで皆でワイワイガヤガヤ
楽しかった(^^♪

この摩周丸
船内を見て歩くことが出来ます
古い写真でゴメンだけど、2008年に帰省した時の写真

全体こんな感じ
全長は132m、海上自衛隊の護衛艦「あきづき」型の151mより一回り小さい感じ
でも排水量は8000t以上

青函連絡船 摩周丸〜海から見る
青函連絡船 摩周丸〜海から見る posted by (C)てっちゃん

現役時代はここから貨車を積み下ろししていた可動橋

青函連絡船 現在の可動橋
青函連絡船 現在の可動橋 posted by (C)てっちゃん

屋上 遊歩甲板から見る函館山

青函連絡船 摩周丸と函館山〜3
青函連絡船 摩周丸と函館山〜3 posted by (C)てっちゃん

エンブレムは摩周湖とイルカ
細かいことはツッコまないで(笑)

青函連絡船 摩周丸 シンボルマーク IMG_1162
青函連絡船 摩周丸 シンボルマーク IMG_1162 posted by (C)てっちゃん


青函連絡船の歴史や模型を展示している部屋
模型の精巧さ、圧巻です

摩周丸 船内展示室
摩周丸 船内展示室 posted by (C)てっちゃん

操舵室も見学可能

青函連絡船 摩周丸 操舵室
青函連絡船 摩周丸 操舵室 posted by (C)てっちゃん

船と言えば、あの大きい操舵輪を思い浮かべるけど
トラックとかバスのハンドルみたい

青函連絡船 摩周丸 IMG_1144_2
青函連絡船 摩周丸 IMG_1144_2 posted by (C)てっちゃん

無線室も見学OK

青函連絡船 摩周丸 通信室
青函連絡船 摩周丸 通信室 posted by (C)てっちゃん

無線室横から屋上遊歩甲板に出ると、眼前に広がる函館港
海からの風が心地よい

函館港〜IMG_1151_2
函館港〜IMG_1151_2 posted by (C)てっちゃん

記念館の職員さんや元乗組員のボランティアさんによる船内ガイドツアー随時開催
ボランティアの中には元船長さんもいるそうです(サイトからの予約が必要)

まだ未定だけど、近いうちに函館に帰省するつもり
キレイになったその姿を見に行きたいと思います




※YouTube以外の画像は、全て管理人である私が撮影し著作権を保持しています、無断転載厳禁。





























https://youtu.be/j64ARJnW_sI
ラベル:函館
posted by てっちゃん at 19:38| Comment(0) | 故郷 函館のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。