2019年10月18日

ミッドウェー海戦で撃沈された空母「加賀」 故ポールアレン氏のチームが発見する

沈んだのは1942年6月5日。ミッドウェー海戦で沈んだ4隻の空母のうち一番最初に沈没したのが、この「加賀」。
一番多くの爆弾を受け、一番多くの戦死者を出し、一番最初に沈んでます。

元は戦艦として建造されたものの軍縮条約のため空母に生まれ変わり、1928年に完成。
当初は3段式の変わった飛行甲板を持つ空母でした。

ship_kaga13.jpg
https://ww2db.com/image.php?image_id=11645

これではいろいろ不都合があったようで、1934年から大改装。
その後の姿がこちら

ship_kaga3.jpg

https://ww2db.com/image.php?image_id=1509

おおよその沈没地点 日本から東へ約3800kmの太平洋
水深は約5400mの地点



加賀はアメリカの空母エンタープライズ所属のSBDドーントレス急降下爆撃機の爆撃を受け
4発あるいは5発以上の1000ポンド爆弾が命中

Douglas_SBD-5_in_flight_colour.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/SBD_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

艦橋は吹き飛ばされ、艦長以下艦の主要幹部はほとんど戦死
飛行甲板にあった爆弾や魚雷、航空機の燃料に引火、誘爆が起き艦の構造物がほとんど破壊され
最後には大爆発を起こし沈没・・・とあります
※第1航空艦隊戦闘詳報など諸説あり

戦死者約800名
艦底近くで配置につく機関科の兵隊が一番多かったもよう
艦内での誘爆、火災で脱出ができなかったといろんな本では書かれてます

戦闘機やその他航空機搭乗員も多くが戦死
特に戦闘機はただ1隻残った空母飛龍での戦闘で、やはりほとんどが戦死

澤地久枝氏の『滄海(うみ)よ眠れ ミッドウェー海戦の生と死』では、艦橋で戦死した岡田次作艦長(当時大佐、戦死後少将へ昇進)の夫人
のその後の生涯が描かれてましたので、こちらを読んでみるのも良いでしょう。

海底での加賀の姿を捉えたのが、以下の画像や動画
探査船RVペトレルの公式フェイスブックから引用






艦これも良いけど、こう言った歴史があったこと
今一度考えてみませんか


ちょっと違う視点だけど
ミッドウェー海戦を零戦搭乗員の目線で捉えた記事がありました
筆者はNPO法人零戦の会会長をつとめ、ノンフィクション作家でもある神立尚紀氏

あの「魔の5分間」は真っ赤なウソ
戦後上層部は保身に走った、と書いてます

記事はこちら

76年前の今日、ミッドウェーで大敗した海軍指揮官がついた大嘘
搭乗員たちが語り残した真実とは?

















ラベル:日本海軍
posted by てっちゃん at 20:56| Comment(0) | 第2次世界大戦や太平洋戦争のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川県山北町で起きた自衛隊給水車追い返し事件 ウソをついた黒岩神奈川県知事

謝罪会見で「命令なしで動くなんて信じられん」「師団長がー」とまくし立てた、黒岩神奈川県知事。
まるで見てきたかのように話してましたねぇ。

怪しいなぁ、と思っていたら案の定これ。
この知事にしてあの県職員あり・・・ですか。

防衛省自衛隊の公式アカウントから、こんなツィートが出ました。



水を捨てた、陸自第1師団長が引き上げを指示したとの事実はありません。

なのに、こんな記事を世の中に出したのはネットメディアのJ-CASTニュース



時系列で追ってみたけど、防衛省自衛隊のツィートの後にアップされてます
普通に「ダメじゃん」

これと別の視点でこの問題を考えた記事がありましたので紹介します



この記事の見方もそうだけど、今回の問題は「単に」黒岩知事と神奈川県が自衛隊を嫌ってるだけ
私はそう思ってます。


しかしまぁ
自衛隊にこんな仕打ちしておいて
よくもまぁ災害派遣を要請できるね。

呆れるわ。


















ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 19:51| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアムのサイエンスラボ ただ今新授業の準備中

あいち航空ミュージアムで開催している「サイエンスラボ」。
工作教室や実験教室を通じて、飛行機や空に興味をもってもらおうと言うプログラムです。

アテンダントの若い子達、かんばってます
お陰様で評判も良いようです(^O^)/



サイエンスラボは航空教室と実験教室の2本立て

航空教室では、こんなことやってます



そして工作教室



彼女たちのインスタがこちら
お母さん方にはぜひフォローしていただいて、機会があればぜひミュージアムに来ていただきたいと思います



サイエンスラボで飛行機が飛ぶ仕組みを学んだあとは、屋上展望デッキで実際に飛んでる飛行機を見るのも良いでしょう
今までとは違う視点で飛行機を見ることができるのと同時に、より鮮明に脳裏に刻まれることと思います




こちらのサイエンスラボについては、入館時に予約が必要。
基本的に入館料のみでOK。
オプションで料金がかかるときは、その旨明記してあります。

時間等詳細はあいち航空ミュージアムの公式サイトにて、ご確認願います。
※以下のリンク先のページ下部にあります
https://aichi-mof.com/program/index.html

パイロットや職業体験と合わせ、休日は特に混雑します。
早い時間の来館と、入館時の予約をおススメします。











posted by てっちゃん at 19:24| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアムに展示されている 名市工八〇式フライヤーにこんな声をいただきまして

秘かにガッツポーズの私(^^♪
名市工八〇式フライヤーと言うのは、高校生が造ったエンジン付き飛行機として

日本で初めて

空を飛んだ飛行機。
名古屋市立工業高校の飛行機同好会の生徒たちが造った飛行機です。

そこに目をつける貴方、お目が高い。



全体像がこれ



隣には世界に名だたる三菱重工が造ったMU-300がいるけど、その存在感は負けずとも劣らず
愛知県が世界に誇る飛行機の1つ、と言っても良いでしょう

私はそう思ってるし、あいち航空ミュージアムでボランティアをさせてもらってる時、機会があればこの飛行機を紹介するようにしています。
実際、来館者の方からは「すごいね」と言っていただけることもたびたび。

機体の周りには、この機体を解説したパネルもあるので
あいち航空ミュージアムに来られた際は、ぜひじっくりと見て頂ければ嬉しいです。






























posted by てっちゃん at 07:22| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする