2019年10月10日

シルバースピットファイヤ あいち航空ミュージアムで撮るならどこがいい?

飛行機写真ファンでもある私がボランティアと言う立場を悪用して、展示位置と撮影スポットを予想、検証してみました。
今この記事を書いている10/10現在、展示位置についての確定した情報は、いくら私がボアンティアスタッフとは言え、もらってません。

なので撮影位置についての検証は、あいち航空ミュージアムの公式見解ではありません。
あくまでも「一個人」としての予想と言うことをご了承願います。
なお展示位置は確定していません。

シルバースピットファイヤは、今日無事に県営名古屋空港に到着。今はとある格納庫で翼を休めています。
展示に伴ういろいろな作業を行い、あいち航空ミュージアムの館内に搬入→展示開始は10/11(金)の午後からの予定です。
12日(土)〜14(月・祝)は営業時間内の展示です。
以下のリンクからご確認ください。
※参照元 https://aichi-mof.com/events/2019/09/post-80.html

言葉で説明するのは限界があるので、画像で説明してます。
情報を詰め込んだので、幅600pixにしてあります。
スマホの方、たぶん画面に収まり切りません。ごめんなさい。

零戦のレプリカと並んで見れたら、どんなにいいだろう。
私もそう願います。
しかし・・・このとおり、ムリです。



零戦の横に置くには、民族大移動が必要です
当日は物販ブースも出るし、航空メッセではグライダーの展示もあります。
ナイトミュージアムではドローン体験のブースも設置されます。
カフェのスペースからの撮影?禁止です。当たり前。

それらの事情も考えると・・・やっぱりムリ。

で、予想されるのがYS-11の右主翼後ろ。
今まで来てくれたゲストの機体も、ここに展示してます。
ウィスキーパパの機体



展示位置が決まってないので、当然ですが機体の向きもわかりません
こんな感じになるのかな?



別角度で



飛行機写真撮るなら、機体全体を上から俯瞰で撮りたい
皆さん、そう思うでしょう
そう考えた時に、一番の狙い目はミュージアム南側。MU-2上の階段



結論から言うと
「ムリ」

理由は次の画像で説明します



零戦のレプリカをここに展示していた時の画像です





もう一度言いますが、この階段から俯瞰で機体全体を撮るのは「絶望的にムリ」
前に出せばYS-11の主翼がジャマ、後ろに動かすと他の来館者が通る通路がなくなります

一番上、屋上展望デッキ近くまで上がってみたけど、やっぱりダメそう



で・・・考えられるのは、名機百選のB767とかYS-11のガラスケースの前





俯瞰はムリだけど、頭をこちらに向けていれば液冷エンジン独特の細身でシャープな姿を拝めるでしょう
これ岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の三式戦飛燕



先ほど説明した、ミュージアム南側のMU-2上にある階段。
ここは完全閉鎖になるかも知れません。

機体全体を上から俯瞰で撮ろう、と多くの方がこの階段に集まります。
ここからなら撮れるか・・・ダメだ、もう1層上で・・・やっぱりダメだ・・・
踊り場や階段で人が滞留します。

この階段、狭いんですよ。
他の「一般の」来館者も通るんですよ。
子供さんからお年寄り、小さな子供さんを抱いたお母さんなどなど。

通路でぶつかった拍子で、モノが1階に落ちて他人に当たったらどうなりますか?
高さによっては大けがです。

過激な撮り鉄が話題になってますが、飛行機写真マニアにも一部「常軌を逸した」人間がいると聞いてます。
この手の連中、周りを見ません。自分の事だけしか考えてないし、殺気立ってます。

人同士がぶつかってトラブルになる可能性大。
ぶつかった拍子で転落・・・なんてことも考えられます。

小さい子供さん抱いたお母さん、が転んだら母子ともども大けが。
打ち所が悪ければ死亡事故です。

私、セントレアのフライトオブドリームズで怖い思いしました。
プロジェクションマッピングを4階で見た帰り、階段下りる時に転びかけてね。

スタッフの方が「止まらないでー」と必死に声をかけていたけど、誰も聞いちゃいねぇ。
降りようとした私と他の方がぶつかって、私が落ちかけました(笑)
でもマジ怖かった。

シルバースピットファイヤ目当てで来る人には悪いけど、この階段は閉鎖すべき。
私はそう、ミュージアムに意見具申してます。

これを採してくれるかどうかは、ミュージアムの判断です。
でも、ホントに危険だもの。

展示期間は他のイベントもあります。
子供さんはもちろん、孫を連れてくるジジババも来ます。
子供を抱っこした若いお母さんも来ます。
皆さんからも十分に気配りをお願いします。

シルバースピットファイヤのことで何気にしたツィート、3日でインプレッションが16000超え。
今も伸びてます。
それだけ関心を持たれていて、期待も強い。

しかし安全が第一です。
ミュージアムのスタッフから注意、指示されることがあるかと思います。

注意・指示には絶対に従ってください。

貴方の安全を守るだけではなく、来館者やスタッフ全員の安全を守る為です。
スタッフからの注意・指示には絶対従ってください。

この美しい飛行機と出逢える奇跡。
素晴らしい体験を、周りの方と共有して欲しい。
あいち航空ミュージアムでボランティアをしてる身として、切に願います。

皆で譲り合って見てください。
飛行機をあまり知らない方にも、素晴らしさを感じてもらいませんか。

子供さんにも、この素晴らしい飛行機を見せてあげてください。
飛行機の魅力を感じてもらおうよ。

皆さんの協力が必要です。
何卒よろしくお願いします。





※記事中の画像は、全て管理人である私が撮影したものです。著作権保持してます。無断転載厳禁。

※記事中の撮影位置に関しての検証は、10/10現在の情報に基づいたものであり、あいち航空ミュージアムの公式見解ではありません。
 あくまでも一個人としての考えですので、ご了承願います。











posted by てっちゃん at 21:27| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする