2019年09月03日

あいち航空ミュージアム FDAフジドリームエアラインズのFAさんを招いてお仕事講話を開催

FDAフジドリームエアラインズのパイロットさんに引き続いて行われたのは、FAフライトアテンダントさんのお仕事講話。
FDAではCAキャビンアテンダントと呼ぶのではなく、フライトアテンダントと言う正確な用語を使うんだとか。



お話しをしていただいたのは、Tさん
若手の方でしょうか、とても可愛らしくチャーミングな方。

でも、立ち居振る舞いや所作はやっぱり違う。
鍛えられてるなぁ、と言う印象を受けました。

FAフライトアテンダントのお仕事とは、から始まり
1日の流れや心掛けている事から質問コーナー、と言う流れで進んでいきます。

お客さまを安全かつ快適に、目的地までお送りする。

その中で、搭乗が開始されたら座席の案内や荷物を収納するお手伝い
またアナウンスをしたり、毛布・新聞を配ったりお菓子などをサービスしているとのこと

1日の流れとして
朝早く出勤するパターンのお話しをしてくれました

朝の便に乗務する場合、朝3時前に起きるんだとか
5時には出勤し、6時からアテンダント同士で打ち合わせし、その後パイロットとの打ち合わせ
ここの部分を副操縦士のO氏と再現してくれたのは面白かった

お客さんが乗り込む20分間には機体に乗り準備をし、出発
FAフライトアテンダントはだいたい1日で4便の乗務をこなすそうです
その日最後の乗務が終わって退社はだいたい13時半くらいだとか

FAフライトアテンダントはサービス要員でもあるけど、保安要員でもある
これいろんな記事とかで見聞きした方も多いかと思います。
でも・・・実際に現場で働いてる人の口から聞くと、言葉にとても重みがありました。

入社すると、まず2ヶ月は基本的な研修
緊急時の訓練では大声を出さなければならない事が大変だった
いつも飛行機とお客様に目を向けています
と言われていました。

ここから質問コーナーに移るわけですが、お客様に声をかけられてその場を離れたので、ここまで。

最後はFDAさんからグッズなどのプレゼントもあって、和やかな雰囲気で終わりました。

JAL日本航空でもANA全日空でも同じようなイベントをやっているとも聞きます。
名古屋にはFDAフジドリームエアラインズがある、と広まると共に
今後は中高生や航空関係の専門学校生の皆さんも、たくさん来てくれるイベントになるとうれしいですね。

2422A2A1-5F6E-47D8-AE87-1C80ECC9DCE6.jpeg









※記事中の画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。











posted by てっちゃん at 00:08| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする