2019年08月15日

イタリア・ローマで離陸中のB-787から金属片が市街地に落下

ノルウェーの航空会社が運航するB-787が離陸・上昇中、金属片が市街地に落下。
人家や車に損傷を与え、ケガ人も出たとのこと。
幸い軽い火傷で済んだそうです。
https://gigazine.net/amp/20190813-metal-shards-from-boeing-787
※こちらの外国メディアのページでは動画あります
https://www.independent.co.uk/news/world/europe/plane-debris-falls-from-sky-boeing-787-rome-norwegian-isola-sacra-a9054216.html

当該機がこの機体


このノルウェー・エアシャトル・ロングホールが運航するB787-8が、ローマ・フィウミチーノ空港からロサンゼルスに向けて離陸した直後にトラブル発生。機長は空港へと引き返しました。

落下した金属片や、被害に遭った車などの画像がツィートされてます



以下は未確定情報
落下した金属片は左エンジンからの破片
当該機が搭載していたのは、ロールスロイス製トレント1000とのこと

ロールスロイスのトレント1000
シンガポール航空の保有機では、エンジンブレードに亀裂があったとかで運航停止→点検が行われたとも聞いてます

日本ではANA全日空のB787が、このエンジンを搭載
※JAL日本航空の機体はゼネラル・エレクトリック(GE)の「GEnx」

ロールスロイスのトレント1000の方が構造的に複雑なため、トラブルが起きやすいのでは?
東洋経済が記事を書いてますので、参考にどうぞ

東洋経済 ONLINE 2018.07.19
ANA「1000便欠航」招いたエンジン問題の真因 夏の多客期に痛手、9月以降も欠航続く見込み


再発防止はもちろん、エンジンの問題解決等々
きっと関係者の方がやってくれると信じてます


2020年の東京オリンピックに絡んで都心上空に飛行ルートを、と言う話もある中
このニュースは、何故か国内では報道されていないようです。
自衛隊や米軍機ならネジ1本でも大騒ぎする連中も、何故か静かですねぇ。

そこにとてつもない違和感を感じる私です。
















posted by てっちゃん at 20:18| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/9の飛行機写真@エアポートウォーク駐車場にて

愛知県豊山町にある県営名古屋空港に隣接するエアポートウォークの駐車場。
ここで撮った写真をアップします。
こんな失敗しちゃいましたというのを交えて紹介するので、参考になれば幸いです。

あいち航空ミュージアムへボランティアしに行く前、FDAフジドリームエアラインズの出発便を撮りに行くのが、私のルーティン。
ボランティアがあるので、行くのは朝7時半くらいから8時半くらい。

朝なので滑走路の東側から西向きに撮れればいいんだろうけど、なかなか良いスポットが見つかりません。
滑走路東側は工場やら民家が多いから、ヘタすると不法侵入になる可能性大。
撮る時間をずらせばいいんだろうけど、ボランティアもあるのでなかなかそういうわけにいかないのが悩み。

朝に天気予報見ると南風、これは16上がりか?
離陸シーンが撮れると期待
今回は神明公園から場所を移して、エアポートウォークの駐車場でチャレンジ。

しかし
ここも滑走路西側ゆえ逆光、お天道様には勝てませんでしたね(笑)

当日はこんなお天気
良い天気だ(笑)



大きい画像はこちら

以下に画像上げていきます
目次付けました。見たい機体のレジ又は色をクリックするとその機体の画像に飛びます
また「大きい画像はこちら」の青い文字列をクリックすると、2400幅の大きい画像が別タブで開きます


航空自衛隊第1輸送航空隊第404飛行隊 KC-767空中給油機 87-3602




大きい画像はこちら


大きい画像はこちら

ちなみにお昼に撮った、ほぼ順光の写真


大きい画像はこちら


FDAフジドリームエアラインズ JA04FJ グリーン ERJ-170




大きい画像はこちら


大きい画像はこちら

構図的には好きなんで
PhotoshopやGooglephotoの補正機能をフルに使ってみたけど
どうしてもノイズが目立っちゃいます
私なんぞはレンズが250ミリなので、トリミングすると余計ですね

FDAフジドリームエアラインズ JA09FJ ゴールド ERJ-175



風向き変わって34上がりになったJA10FJ
南から北への離陸、お客さんが多いときは目の前を通過していきます
※お客さんが少ないと、目の前より左のw2で滑走路へ曲がりますのでご注意を


大きい画像はこちら

パイロットさんから、お手ふりいただきました(^O^)!


大きい画像はこちら

空が白とび・・・仕方ないのかなぁ


大きい画像はこちら

離陸→上昇中はこんな遠く
500ミリとかで狙わないとダメそう
このシーンであれば、県営名古屋空港の展望デッキが良いですね


大きい画像はこちら


豊山町には飛行機写真に絶好のスポットがいくつか。
このエアポートウォークの駐車場、ゴミを出さないや他車の通行を妨げないと言った、当たり前のルールさえ守っていれば
特に注意されることはありません。
私もエアポートウォークに一度電話して確認しましたが、特に飛行機撮影を禁止してはいないとのこと。

せっかくのスポット。写真撮りに来る人が増えるといいなぁ、なんて思ってます。
次は、あいち航空ミュージアムの屋上展望デッキから撮った写真をアップします





※記事中の写真はすべて管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。























posted by てっちゃん at 19:23| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアム 零戦を設計した堀越二郎氏のご長男を招き素顔を語ってもらいました

零戦が岐阜・各務原飛行場(現・航空自衛隊岐阜基地)で初飛行したのが、1939(昭和14)年4月1日。
それから80周年記念イベントの一環として企画されました。

零戦を設計した堀越二郎氏は、6人の子供をもうけたとか。
今回お招きした堀越雅郎(ただお)氏は現在82歳。二郎氏の長男に当たる方だそうです。

対談の内容については、以下に中日新聞の記事へのリンクを貼りますが
少し堀越雅郎(ただお)氏について補足します

父・二郎氏が零戦や飛行機の設計で苦労しているのを見ていたためか
技術系ではなく事務系に進んだとか

入社したのは三菱系の旭硝子
海外でも活躍し役員まで務めた後引退し、現在に至っています。
※記事参照元 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/44603?page=4

この参照元の記事、最後はこんな言葉で締めくくってます
引用まずいので意訳です

いろんな人がいろんな形で戦争を体験し
その子孫たちが新しい歴史を紡ぎ
戦後日本を作った


そうなんだよね
私達はこの歴史の上で生きているんだよね

中日新聞の記事は、以下のあいち航空ミュージアムの公式フェイスブック内のリンクからご覧いただけます




あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 IMG_1700_2
※この零戦は南方で見つかり、三菱の方が復元したもの。今年4月まで、あいち航空ミュージアムに展示されていました。


posted by てっちゃん at 09:30| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする