2019年08月14日

日航機御巣鷹墜落事故で航空自衛隊がいかに活動したか と言うお話

この季節になると、ネット上にはデマがあふれかえります。
自衛隊の標的機が衝突しただの、在日米軍横田基地は着陸を拒否しただの
自衛隊が撃墜したから証拠を隠すために特殊部隊が現場に行って、まだ生きている人たちを火炎放射器で焼いたとか

犠牲者の方や、航空安全に尽力している人を何だと思ってるんだろうね、この人たちは
ツィッターなんかちょっとたどると「安部がー」とか「自衛隊反対」が出てくるのも特徴
正直ウンザリです
(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!


今回は当時入間基地から派遣された隊員さん達の活動や、地元小学生との交流のお話を書いた記事を紹介します。

あの現場には陸上自衛隊だけが行っていたと思っていた私
空自も派遣されていたと知ったのは、ずいぶん後のこと。

記事読むと、マスゴミのマスゴミっぷりはあの当時からだったんだなぁ、と改めて思います。
そりゃデマが今でも残るわけだ

実際に起きていたことは、そうじゃないんだということを知ってもらいたいです

もし良かったら、ご自身のツィッターやフェイスブックでも拡散していただければ幸いです。
※記事は以下のツィートのリンクからご覧いただけます












posted by てっちゃん at 10:30| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアム JAL折り紙ヒコーキ教室を開催しました

あいち航空ミュージアムでボランティアをしている私が、当日の様子を画像や動画を交えて紹介します。
夏休み冬休み等に開催している、このJAL折り紙ヒコーキ教室。
参加してみたい、と言う方は参考にしてみてください。

8/10(土) JAL日本航空の方が来館。折り紙ヒコーキ教室を始め、現役のパイロットやCA客室乗務員の方がそれぞれのお仕事について語る講話、なりきり制服コーナーやぬりえコーナーを開催してくれました。

全部書くととんでもなく長くなるので、それぞれ分けて書きます。
今日は折り紙ヒコーキ教室について

JALグループでは「折り紙ヒコーキ協会」の指導を受け、社内に1600名もの認定指導員を育成
国内海外へ派遣しているとのこと
社員さんたちはボランティアだそうです

コンセプトは
「JALグループは、折り紙ヒコーキを通じて空への夢と交流の輪が広がることを願っています!」
素敵ですね(^^♪
※赤文字は引用 引用元及びJAL日本航空の折り紙ヒコーキ教室については以下のページを参照してください
JAL日本航空公式サイト CSR JAL折り紙ヒコーキ教室

当日、子供連れの方が多く参加した様子です
会場はワイワイガヤガヤ、楽しそうな声でいっぱい
親御さんたちも楽しんでみえました。

以下、画像で紹介
※お顔がわかるような画像は、ボカシかけてます

お仕事の講話に来ていたパイロットさんやCA客室乗務員の方も参加
和気あいあいの雰囲気





スタッフのみなさん、お揃いの赤いベストを着用
隣の白いジャケットの方はお仕事講話に来てくれた、CA客室乗務員の方
さすがCA、気配りの人。盛り上げ方を知っています。



この写真、皆さんホントに楽しんでいるんだけど
顔は出せないのでゴメンなさいです

いざ飛ばしてみます(動画)



あいち航空ミュージアム主催の紙ヒコーキ教室は、ほぼ毎週土曜日に開催
このJAL折り紙ヒコーキ教室は夏休みなど学校が長期の休みのときに開催します。
どの回も大盛り上がり☆

次回が決定したら、あいち航空ミュージアムの公式サイト等で告知しますので、お楽しみに(⌒▽⌒)





※記事中の画像は、すべて管理人である私が撮影し著作権を保持しています。無断転載厳禁。
















posted by てっちゃん at 10:03| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

エアポートウォークに自衛隊さんが来たよ(*^^)v

グッジョブ キッズランドと言う、子供達にいろんなお仕事を紹介・体験するイベントでした。
あいち航空ミュージアムでボランティアした帰り道、エアポートウォークに寄ったら入口のすぐそばで展開していて、ビックリ。

見たら多くの人が集まっていて、これまたビックリ

若い親子連れが多かった印象
「自衛隊だね。カッコいいね。」と子供に言っていたママさんがいたこと
地本の皆さんにお伝えしたいです(^^♪













こうやって隊員さん達と触れ合うことで、自衛隊と言うお仕事に興味を持ってくれる子が増えてくれること
元自として、切に願います。



※画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。













ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 08:25| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

ベトナム戦争で戦死した空軍パイロットの遺体 エアラインの機長となった息子が故郷へ連れて帰る

機長を始めパイロットは、アメリカの国旗がデザインされたネクタイをしめてます。
機内でアナウンスを聴いた乗客は拍手。
空港の大勢のスタッフは直立不動で迎えています。

息子さんご自身、どんな気持ちだったんだろう。

アメリカと言う国、と言うか国民について
国民と軍の関係みたいなものについて
いろいろ思ったお話しでした。






posted by てっちゃん at 10:59| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自衛隊チラシに難癖つけた共産党市議を担当課長が一蹴

市役所に文句を言いに行ったはいいが、瞬殺された模様。市役所の担当課長が返した言葉が完璧ですね。

ポイントは3つ
@憲法云々の話は別
A災害時だけお世話になります、じゃなくて普段からの協力が大事でしょ?
B何か問題ありますか?


事は
北海道夕張市の広報に、陸上自衛隊北恵庭駐屯地 創立記念行事のチラシが折り込まれていたこと
これに共産党 夕張市議の熊谷桂子氏が噛みつきました

熊谷市議の公式ブログ、該当記事がこちら
削除して逃亡する可能性大なので、スクショ貼ります

WS000001.JPG

該当記事へのリンク
http://wind-yuparo.sakura.ne.jp/x/2019/07/12/%e5%a4%95%e5%bc%b5%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ba%83%e5%a0%b1%e7%b4%99%e3%81%ab%e6%88%a6%e8%bb%8a%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f%e6%8a%98%e3%82%8a%e8%be%bc%e3%81%bf%ef%bc%81%e3%80%8c%e5%8c%97%e6%81%b5%e5%ba%ad/

魚拓も保存しておきましょうかね
記事削除してもムダだぜ(笑)

https://megalodon.jp/2019-0812-1004-59/wind-yuparo.sakura.ne.jp/x/2019/07/12/%e5%a4%95%e5%bc%b5%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ba%83%e5%a0%b1%e7%b4%99%e3%81%ab%e6%88%a6%e8%bb%8a%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f%e6%8a%98%e3%82%8a%e8%be%bc%e3%81%bf%ef%bc%81%e3%80%8c%e5%8c%97%e6%81%b5%e5%ba%ad/


しかも

この市議、あちこちでデマを流していると言うから
全くもってタチが悪い

詳しくは以下のツィートのリンク先からどうぞ



熊谷桂子市議としては「武器を持たない平和憲法」だから「自衛隊は憲法違反だ」と言う論法なんだろうけど
国民の平和的生存権は憲法前文で規定されてることを踏まえれば、「自衛のための戦力」は当然認められてるわけで
自衛隊の存在意義はここにある、と私は思っています

自衛権まで否定するとなると、非武装中立のお花畑か日本をどこかの国に差し出したいのか
どっちもなのかねぇとしか思えませんか?

憲法解釈云々から離れます
もっと現実的な話を

北海道夕張市と言う街がどんなところか、と言うことを考えると
災害が起きた時に夕張市や北海道だけで対応できるの?てこと

熊谷桂子市議、この点を全く考えてないご様子

まずどこにあるの?

北海道中部 千歳空港のある千歳市や、今回イベントのチラシにあった北恵庭駐屯地のある恵庭市から東へ40q弱
札幌市からだと50qくらいですか



夕張と言う街は、私が産まれた滝川市からも近く
また子供の頃は石炭絡みのニュースでよく聞いた地名です

一時は石炭の産出で活気あふれた街でしたが、石油への転換が進み全て閉山
観光産業への転換にも失敗し、財政も破綻
若者は都市へ流出し、街は高齢者ばかり
JRも今年に廃線

夕張メロンが有名だけど、ざっと調べただけでこんな一面もある街

そんな街に災害へ対応する力がどれだけあるの?

防災ヘリ1つみても

夕張市として装備してる機体は無し
http://yubari-hokkaido.jp/law.html
北海道として装備している防災ヘリはたったの2機
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/ktk/bsb/bk/helicopter-s.htm
しかも50qも離れてる

装備が限られている中で、災害に対しどこまで対応できるの?
とちょっと考えればわかりそうなものですが

この熊谷桂子市議は

人の命より自分たちの主義主張が大事

みたいです。


こんな人間が議会にいる、こっちのほうが大問題かと思いますよ。私は。
皆さんはどう思いますか?


















ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 10:43| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。