2019年08月31日

あいち航空ミュージアムでFDAのパイロットさんによるお仕事講話やりました

夏休みイベントの一環で行われた、このトークイベント。今回は地元 県営名古屋空港に就航している、FDAフジドリームエアラインズのパイロットさんをお招きして、いろんなお話をしていただきました。

開始前、早くも多くのお客さま。
40席ほど用意していたのですが、足らずに追加したのは嬉しい誤算。



お話ししていただいたのは、副操縦士になって3か月と言うOさん
以前は海上自衛隊でP-3Cのパイロットをしていたと言う経歴の持ち主



30分の時間の内容は、以下の5つ
@パイロットのお仕事について
Aパイロットの1日
Bパイロットと言うお仕事のやりがいや楽しみ
Cパイロットになるには
D質問コーナー

印象に残ったところを挙げていきます

@パイロットのお仕事
 FDAフジドリームエアラインズでは、現在パイロットが約120名。外国の方が2名、オーストラリアとメキシコ。
 女性が4名。機長が3名いて、訓練性も1名。
 悪天候の時、フライトの準備は特に大変。
 覚えることがたくさんで日々新しいことが加わるので、覚えるのが大変。

Aパイロットの1日
 出勤時間が遅い時のパターンだと
 14時過ぎに家を出る(パイロットやFAさんは空港近くに住むことが決められてるそうで、O氏も豊山町在住)
出勤したら、機長が来る前にいろんなデータをチェック
 機長が来たら2人でデータをチェックし、打ち合わせ。その後FA(フライトアテンダント)2人も加わり4人で打ち合わせ
 その後機体に乗り込み出発→到着→後片付け
 1日3フライトのパターンが多い
 22時ごろにホテル到着→就寝・・・とのこと

Bやりがいや楽しみ
 1番目に挙げたのは、やはり「飛行機を操縦できること」
 いろんな場所に行ける
 コックピットからの景色がキレイなこと

 大変なこと 
 アルコール検知器は、一人に1台支給。飲酒については、ホントに厳しい
 年に1度の航空身体検査に受からないと飛べないので、普段から節制している
 試験が毎年ある

Cパイロットになるには
 一般的なルートについて話されたので、割愛します
 ただ「パイロットになるために大切なこと」として、以下のことを挙げました
  
 a 向上心 毎日自分を成長させること
 b お互い仲良くできる協調性
 c 苦手な事から逃げない 最後までやりきる責任感
 d 自分の身体を大切にすること
 e 飛行機が好きでいること


例えば、パイロットが空港で持ち歩いてるキャリーバッグの中にはこんな規則集がはいってるんだよー
とか
ペーパーレス化が進んでいて、今はipadも使われているんだよ
なんて見せてくれたのも、興味深かった点

質問コーナーでは
メガネをかけていても大丈夫ですか?とか
給料はどれくらいなんですかー?
なんて質問も

FDAフジドリームエアラインズでは(ここ、ちょっと記憶が曖昧でごめんなさい)
飛行時間×単価で計算され、最低保証時間があるそうです
へぇー

FDAさんをお招きしてのトークイベント
学校の夏休みや冬休みの時に定例化していくといいですね
あとは中高生ももっと来てくれるといいかな

今度は整備の方やディスパッチャー、グランドハンドリングの方も呼んでみるといいかも(^^♪

次の記事はFA(フライトアテンダント)さんのお話しをアップします

県営名古屋空港送迎デッキより
パイロットさんからお手振りもらいました(^^♪




※記事中の画像は管理人である私が撮影し著作権を保持しています。無断転載厳禁。









posted by てっちゃん at 21:20| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸上自衛隊の災害派遣について よくわかる動画です

今でこそ、災害が起きると自衛隊が派遣されるのは当たり前みたいになってますね。
でも「何故、自衛隊?」と言うところまではなかなか理解されていないんじゃないかな。

YouTubeの陸上自衛隊広報チャンネルが陸上自衛隊の災害派遣における活動について、どうのような時にどのような理由で派遣されるのか。
また自衛隊だけではなく、地方公共団体との連携した活動なども合わせて動画で解説してます。
この動画、私はわかりやすくていいと思っていました。
しかし、まだまだ理解されていない方もいるのが現状です。

もしこの動画で、自衛隊の災害派遣について理解が進めばいいと思った方は、ご自身のSNSなどで拡散していただければ幸い。
拡散することも、自衛隊を応援することの1つかと思ってます。




ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 19:19| Comment(0) | 政治のお話をツィッターで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

中国 空母に搭載する戦闘機をJ-20に決定か

中国の目的はアメリカなんだろうけど
私らとしても脅威にはなるよね

中国 人民解放軍の意志決定機関である中央軍事委員会はFC-31よりもJ-20を支持しているとのこと。
空母にステルス戦闘機、日本もやはり同じような力を持っておくべきなんじゃないか。

海上自衛隊のOBの方々の中には、「いずも」の空母化はムダと言う意見をお持ちの方もいるようです
その分汎用護衛艦を造れ・・・と。
でもどうだろう、古今の戦い制空権が無い状態ではかなりキビシイんじゃないか。

「いずも」の空母化は、制空権とかと言うほかに
侵攻してくる敵をできるだけ遠くで止める
そう言う意図もあるんじゃないか

私はそう思っているから
「いずも」の空母化には賛成です

中国ってさ・・・今3隻目の空母を建造中なんだとか
これらの空母に全部J-20「ステルス戦闘機」が搭載されることになるわけで

やっぱり脅威だよね

このJ-20。わりと大きい機体と聞きます。
発艦させるカタパルトやアレスティングワイヤーなども、こういう大型機に対応できるめどがたった・・・と言うことでしょう。









posted by てっちゃん at 20:53| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

航空自衛隊千歳救難隊 利尻島から患者空輸を行う

自衛隊=人殺しと思っている方も「少なからず」世の中にはいるようです。
まぁ、いいじゃないですか(笑)彼らに理解させようと言うのはムリな話。

であれば、自衛隊は常日頃からこういう活動もしていること、これを発信するのにエネルギーを使ったほうがよっぽどマシですね。

さて、今回は北の離島から患者さんを空輸したお話し。
以下、航空自衛隊航空救難団公式サイトからの引用

8月23日(金)9時53分、北海道知事から第2航空団司令へ災害派遣要請(利尻空港から旭川空港までの患者空輸)がなされ、
千歳救難隊はU−125Aにより災害派遣を行いました。


010823_titose.jpg
※引用ここまで
 引用元 https://www.mod.go.jp/asdf/arw/katudou/ninnmujisseki/gannnenndo/gannnenndo.html

利尻島と言う島はここ
利尻富士と呼ばれる山が有名



ここから搬送先の旭川市までは直線距離で約180q
北海道には防災ヘリが2機だけで、固定翼機はありません

陸上自衛隊北部方面航空隊には固定翼のLR-2があるけど、プロペラ機(ターボプロップ)
時間の制約とか考えると、やっぱりジェット機と言う選択になったのかも知れません

自衛隊でなければできないことがある
できるだけ多くの方に知っていただきたいと思います。







2019年08月25日

あいち航空ミュージアム FDA様の協力で「なりきり制服コーナー」を開催

パイロットやFA(フライトアテンダント)の制服を着て記念撮影(^^♪
「なりきり制服コーナー」、今回はFDAフジドリームエアラインズ様の協力をいただいての開催。

多くの親子連れの方が楽しんでくれたこと、とても嬉しいです(^^♪









これをきっかけに、パイロットやFAフライトアテンダントを目指す子が出てくれるといいなぁ・・・夢が広がるオジサンでしたwww




※@プライバシー保護のため、お顔にはボカシかけてます
※A記事中の画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。





























posted by てっちゃん at 21:08| Comment(1) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする