2019年07月26日

航空自衛隊小牧基地にアメリカ空軍C-130Jが飛来

東海トラフでの大地震も近い将来予測されているし、伊勢湾台風を超える台風だってあり得る東海地方。
こうやって発表があると、自衛隊や在日米軍は大規模災害にいつでも対応できるよう訓練してる、と改めてそう思います。

この前、C-130Hに乗っている隊員さんとお話しをする機会があったのですが
「朝早くて夜遅いのは、当たり前」
と言われてました。
この言葉に、訓練の厳しさが現れているのではないでしょうか。





ラベル:小牧基地
posted by てっちゃん at 18:55| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする