2019年06月30日

FDAフジドリームエアラインズ 今年12月末さらに2機を導入

ネットワークの拡大・拡充、それからチャーター便を増やそうと言う考えのようです。

新色ワインレッドJA14FJが到着し、14機体制となったFDAフジドリームエアラインズ。
先ごろ行われたパリ航空ショーでは、さらに2機を発注。今年末にも導入するとのこと。
※記事参照元
@航空新聞社WING 20149.06.19 エンブラエル、FDAから2機のE175追加受注
AFDAフジドリームエアラインズ プレスリリース 2019.06.18 株式会社 フジドリームエアラインズ 15 号機、16 号機の機材導入を決定

FDAフジドリームエアラインズの発表では、
1機をネットワーク拡大のため、もう1機を予備機用として導入したそうです。

注目すべきは、FDAの三輪社長のコメント
「各地から就航要請が多い。問題が無ければ、できればネットワークを拡大したい。」
との趣旨の発言をしています。

引き合いが多いのが東北・北海道そして九州と話していることから
この地方を中心に増やすことを示唆してます。

またチャーター便が多いFDAフジドリームエアラインズ。
新たに機体が増えれば、収益の機会が増えることになる
と新規に導入する機体を活かして、チャーター便を増やすことも示唆してます

名古屋/小牧からでも、最近は種子島や北海道の丘珠、中標津にチャーター便が飛んでます

北海道函館出身の私。
現在はセントレア(中部国際)から函館に行く便はANA全日空とAIR DOがコードシェアでB-737を1日1便
夏場の繁忙期でANAがもう1便増えるくらい

できれば
名古屋/小牧から函館便を飛ばして欲しいなぁ、なんて思います。
そしたらセントレアまで1時間半もかけて行かなくても、近くから飛行機乗れるし(笑)

我らがFDAフジドリームエアラインズの今後の活躍に期待です(^^♪








posted by てっちゃん at 17:19| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G20大阪サミット 航空自衛隊小牧基地のKC-767も警備任務に参加していた事 ご存知でしたか?

各国のトップが集うG20大阪サミット。警備にあたる警察の方についてのニュースは数多く流れてますが、航空自衛隊の戦闘機が上空監視ならびに警戒にあたっていた事、あまりニュースでは流れていなかったようです。

実は私も知らなくて・・・ツィッターで知った次第。
小松基地のF-15が実弾やミサイルを搭載し警戒任務にあたっていたとのこと
※他の基地の機体もいたかどうかは確認とれず

小牧基地のKC-767空中給油機は、上空監視にあたる戦闘機へ燃料を補給するため
1日に何回か大阪方面に向かったようです
ツィッターでは朝の4時に離陸して行った、何てツィートも。

6/28土曜日の朝。空中給油任務へと飛び立つ小牧基地第404飛行隊のKC-767が離陸するところに立ち会うことができました。
いつもだと休日は格納庫前に3機いるのですが、この日は1機は任務中で不在。
1機は交代に向かうために離陸。
もう1機は準備のためか、電源を入れて点検作業をしていたもよう(電源車?や車両がいましたね)

パイロットなど乗員の方はもちろん
整備員や運航に関する隊員の方々も、当然出勤でしょう。

訓練とは違うし、相手は各国のトップ。
緊張も強いられることでしょう。
任務にあたる隊員のご家族も何かと大変かと思います。

自分自身、ミグ25亡命事件で機体警備に親父が行ったので
何となくは理解できるかな、と思っています。


画像6枚













最後に
日本の防空の最前線で活躍した、元F-15パイロットの空飛ぶたぬき氏(@FlyTanuki)のツィートをご紹介します






※記事中の画像は、全て私が撮影し著作権を保持しています。無断転載厳禁。







posted by てっちゃん at 15:16| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

あいち航空ミュージアム ボランティア日記 2019.06.29

今日のメインは、ドローンのプログラミングと操縦体験のイベント。
日本のみならず海外でも評価が高い、渡邊秋男先生を講師にお招きして開催されました。

1日3回行われる、この教室。
ドローンに関する基礎的な知識を身に着ける座学に20分、操縦体験とプログラミング体験が各30分で、約80分と言う本格的なもの。
本格的とは言っても参加者の方の理解の進み方に応じて進めて行くので、とてもわかりやすい講座です。



渡邊先生の熱血指導(^^♪
でも、こうやって教えていただけるのはわかりやすいですよね



こちらはドローンの操縦体験
ドローンの操縦を気軽に体験していただこうというもの。
予約なし、先着順で体験できます(^^♪

年代関係なし、みなさん楽しまれていました
私?やってみようかなと思ってたら・・・お客さんが増えてきて断念(笑)



動画撮らせていただきました。



プログラミング教室については、次回は来週の土日。7/6(土)と7/7(日)に行います。
操縦体験は6-29〜7/7まで毎日。午前・午後それぞれ1回。先着順で人数限定です。

時間等詳細は以下のページにて、ご確認を。
なお小3以下の子供さんには、お父さんかお母さんが必ず付き添ってくださいね

あいち航空ミュージアム公式サイト ドローン操縦体験、プログラミング教室

飛行機に関するお仕事を体験していただく、体験プログラムは2つあります

@パイロットの職業体験

パイロットのお仕事は、飛行機を操縦するだけじゃないんだよー・・・という座学から始まり
YS-11実機を使った外部点検、そしてフライトシュミレーターを使った操縦体験まで。
所用時間約50分と言う体験プログラムです
※開館日は毎日開催





A整備士体験

飛行機の整備をする整備士のお仕事を体験
ヘリコプターの操縦についての豆知識も、身についちゃいます



ヘリコプターにはテールローターと言うモノがついてますが
こうやって回して見ることもできます(^^♪
あら不思議☆メインローターも一緒に回転。この仕組みは、参加してみてのお楽しみ(笑)



整備士体験はこのあと、工具を使っての分解・組立に進んで全体で約50分の所要時間となります。

パイロット、整備士の職業体験はどちらも要予約。
来館された際に、受付にて申し付けてください。
早い時間から埋まって行きますので、早めの来館をおススメします。



7月のイベントはすでに発表済。
また夏休みイベントも企画中と聞いています。

まだ解禁されていないので、ここでは言えませんが
あっと驚くような話もありますので、お楽しみに(^O^)/





※記事中の画像について
 @お顔が判るような写真には、プライバシー保護のためボカシかけてます。ご了承願います。
 A全ての画像は、管理人の私が撮影し著作権を保持しています。無断転載厳禁。

















posted by てっちゃん at 21:10| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空自衛隊最新鋭輸送機C-2 パリ航空ショーで注目を浴びる

政府は海外への輸出を狙ってますが、受注したー!と言う発表は無いもよう。残念。



各国の空軍関係者や航空機関連企業の方も、このC-2を見ていただいたと思います。
さて、どんな感想を持ったのやら。
気になりますね(^^ゞ





ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 15:39| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

あいち航空ミュージアムでドローン プログラミング教室開催 空席若干あります

日本でもトップクラス、ドローンを使って撮影した動画で数々の賞を受賞した、渡邊秋男氏。
氏を講師に迎えてのプログラミング教室、めったに受講できるものではありません。
受講料は入館料のみ。別途で受講料は発生しないので、この貴重な機会を活かしてみてはいかがでしょうか。

詳細については、あいち航空ミュージアム公式フェイスブック内のリンクから確認願います。



渡邉秋男氏については、こちらをご覧ください
富士山ドローンベース 富士山ドローンベースとは

氏が撮った映像がこちら




ドローンの第一人者とも言える、渡邊秋男氏の講座。
先着順です。お早目にどうぞ。






posted by てっちゃん at 20:52| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする