2019年05月13日

あいち航空ミュージアム 新しいボランティアスタッフが加わったんですけどね・・・

驚愕の経歴をお持ちの方もいて「インド人もビックリ」とは、まさにこのこと(笑)
そう言う方々が持つ経験を、「気軽に」来館者へお話しする場が出来ればいいなぁ、なんて思います。

年度が変わり、あいち航空ミュージアムに新しいボランティアの方が何名か加わりました
初めてお会いする方の中には、長年パイロットや航空機整備をされていた方も。

昨日お会いしたAさん
空自でYS-11のパイロットをしていたと言う話はチラッと聞いてましたが
YS-11の機内公開が終わったあとに、少しお話を聞いたら

YS-11の他にはC-1も乗っていた、
飛行開発実験団でテストパイロットも経験、F-15導入やC-2の開発にも関与
C-130Hも経験し、特別輸空隊でB-747の経験もあり
シアトルのボーイングへ研修に

・・・開いた口が塞がらない・・・とはこのことで(笑)

この日ご一緒したBさんは川崎重工でEH-101の整備をされていた方
ミュージアムがオープンしたころからご一緒しているCさんは、エアラインで長年ディスパッチャー(運航管理者)をされていた方
Dさんは三菱でMU-300の開発に携わっていたそうだし

そう言えば
国際線のCAをされたいた方もいますね(^O^)/

例えば

特に場を設けなくてもいいから、来館された方とパイロットや整備などを経験された方が
何かこう・・・気軽に話をする機会を持つことはできないかな?と思うんです。

イベントとして企画するのも良いでしょう、でもそれだと堅苦しくなるし「集客がー」と言う問題が出てきます。
またボランティアの方の都合もある
であれば「気軽に触れ合う」と言う場の方が良いんじゃないかな。

何か良い手は無いものかと思案するばかり

私なんぞは、腰を悪くして空自を3年で辞めたヘタレです
でも、ここのミュージアムには、これだけの経験を持っている方がいる

その経験を次世代、子供たちに伝えて欲しい、と切に願います

独りよがりですかね













posted by てっちゃん at 20:41| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。