2019年05月25日

B737MAX墜落事故 なんでも欠陥機がーと騒ぐバカにつける薬はないのか

事故があると早急に原因を決めつけたがる風潮があります
でもそれは違うんじゃないか、いろんな面から見ていかないと・・・と言う記事があったのでシェアしたいと思います

B737MAX
Boeing_737-8_MAX_N8704Q_(27946580010)_(rotated).jpg
※画像引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0737MAX#/media/File:Boeing_737-8_MAX_N8704Q_(27946580010)_(rotated).jpg

わずか半年の間に2回の墜落事故。死者は300人超え。
B737MAXの事故で問題視されているMCAS(Maneuvering Characteristics Augmentation System)について、機体側の問題はもちろん、ユーザーであるエアライン側からの視点も含めて、航空テクニカルライターの井上孝司氏が記事を書いてるので、シェアしたいと思います。

燃費向上へエンジンが大径化、翼への吊り下げ位置が変わり
そのために機首上げ傾向が強くなった
それを自動補正するためのシステムがMCAS(Maneuvering Characteristics Augmentation System)

・・・と言うところから始まり
空力的な話にまで触れています
記事中のリンク先もぜひお読みください

一方ユーザーであるエアライン側としては
パイロットの資格取得の話や整備現場の話なども具体的に書かれていて
素人の私でも「腑に落ちる」わかりやすさ

記事の最後で井上孝司氏は
「欠陥機」などと言う決まり文句で、ボーイング社を責めるのは間違いと言われてます
なんでもかんでも「欠陥機がー」と言う連中に読ませてあげたい(笑)

記事はこちら

マイナビニュース 2019.05.21 ボーイング737シリーズの改良が続いてきた事情とは?


これらの事故が続いて、ツィッターやメディアを見てたんだけどね
自衛隊機や米軍機だとネジ1本で「バカ騒ぎ」する連中、何故かダンマリを決め込んでます。

人の命が大事とか言ってるんだったら、300人もの人が死んだこれらの事故は「大変なこと」でしょう
でもなぜか黙ってる
人の命より、自分らのイデオロギーが大事なんだよ。結局は。

こいつらの言う「安全」なんてしょせんこんな程度、と改めて思った。
こいつらが言うことなんて「聞く価値無し」だね。











posted by てっちゃん at 21:00| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

世界初の民間用ティルトローター機AW609 FAAの認証取得へ

アメリカCNNの日本版なんですが・・・表立っては書かないものの「オスプレイがー」と言うのを、随所にちりばめている気がするのは私だけ?(笑)

イタリアの防衛産業大手のレオナルド社が「オスプレイの技術を基に(と言われてます)」開発を進めてきたAW609。
アメリカ連邦航空局FAAの認証取得を、年内にも得られる見通し。
早ければ来年2020年には就航する見込みとのこと。

内容は参照元の記事を見て頂くとして
CNNは日本で顧客になる可能性として、愛知県豊山町の中日本航空の名前を上げてます。
同社はすでに日本での市場調査に同意してるとして、航空医療搬送や災害対応、報道取材への活用を考えているとのこと。

ちなみに軍用のオスプレイとは違い、機内は与圧されて旅客機としても活用できるんじゃないかと言われてるそうです

記事はこちら
※青太文字クリックで該当ページが別タブで開きます

CNN.co.jp 2019.05.19 初の民間ティルトローター機、米FAAの認証取得へ ヘリと飛行機の長所兼備

レオナルド社がYouTube公式アカウントに動画上げてますので、ご覧ください
オスプレイって、なんか怖い顔つきだけど
このAW609って可愛くない?(^O^)/



航空の歴史に、新たな1ページが加わりそうで楽しみ
県営名古屋空港と小牧基地のウォッチャーとしては、別の意味もあるけど(笑)








posted by てっちゃん at 21:56| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はシコルスキー(シコールスキー)がヘリコプターの飛行を公開した日

1940(昭和15)年の今日5月21日。イーゴリ・イヴァーノヴィチ・シコールスキイが公の場でヘリコプターの飛ばした日だそうです。
シコールスキイ・・・はい、アメリカの航空機製造メーカー「シコルスキー・エアクラフト社」の創始者です。

アメリカ軍や自衛隊でも使われているUH-60シリーズは、ここの会社が開発したもの。
シコルスキーと言えば、ヘリコプターの代名詞とも言える名前だけど
この方は世界初の4発爆撃機も開発した人なんだとか
空中艦艦隊と言われた、イリヤ−・ムーロメツがそれ

自身が操縦した飛行の様子、ツィート内のリンクからご覧いただけます。




この日から79年、ヘリコプターはここまで進化してます
イーゴリ・イヴァーノヴィチ・シコールスキイさんが、このS-97を見たらどんなふうに驚くだろうね




posted by てっちゃん at 21:29| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

あいち航空ミュージアム 家族でナイトミュージアムが大盛況でした その2

大盛況だった「家族でナイトミュージアム」。この記事では各種イベントや、屋上展望デッキの様子などをアップします。

この「家族でナイトミュージアム」に合わせ、いくつかイベントがプラスされています

夜の空港を彩る照明について説明する「夜の空港解説」
私はYS-11の中にいたので参加できず(>_<)

通常は予約が必要な工作教室も、この日は誰でもOK
飛行機とお星様の柄が入った、可愛らしいランタンを作っていたようです

ドローン体験は8時を過ぎても行列☆
※画像は開館前のもの



光る!紙ヒコーキは大盛況
歓声が絶えなかったようです(^^♪
※お顔が判るような方はボカシかけてます



YS-11の機内公開
私18:45の開始から20:00過ぎまでコックピットあたりにいましたが
ワイワイガヤガヤと賑やかでしたねー(^^♪



コックピットはこんな感じで照明いれてます
写真撮る方には申し訳ないですが、電源引き入れて照明を点けると言うのも難しいところがあるようです
ゴメンなさい




1階展示エリアの大扉を開放
離着陸する航空機を間近で見ていただこうと言うもの

ただ、今回は風が南風
離陸する飛行機を見るには絶好の風なのですが・・・
いかんせん、この時間帯は離陸便が2便しかない(>_<)
※18:30過ぎのまだ明るい時間に飛び立つFDA機 4秒の動画



逆に着陸便はけっこう数があるのですが
南風ゆえ滑走路北端に降りて、あいち航空ミュージアムからだいぶ北で誘導路に入ってしまいます
ゆえにミュージアム前は通過せず、残念

折角来ていただいたのに申し訳ないばかりですが、お天気が相手では何ともなりません
ゴメンなさいです

屋上展望デッキの風景



翼を休める飛行機達



あいち航空ミュージアムから西・・・豊山町市街地などの夜景
画像左端にある高層ビル群は名古屋駅方面



21:00の閉館ギリギリまで多くのお客さまに楽しんでいただけたようです

次回のナイトミュージアムは10月頃の予定
詳細等決まりましたら、あいち航空ミュージアム公式サイト等で発表されます

乞うご期待(^O^)/





※記事中の画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を持っています。無断転載厳禁。











posted by てっちゃん at 21:23| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空自衛隊静浜基地航空祭 大空を軽快に飛び回るT-7が気持ち良さそう

今日5/19は航空自衛隊静浜基地で航空祭があったとか。
航空祭と言えば、戦闘機のド派手な機動飛行。
・・・も良いけど、こうやって軽快に飛び回る飛行機もいいんじゃない?

T-7練習機による機動飛行
ジェット戦闘機とは違う、小回りが利いた軽快な飛びっぷりがまぶしいゼ(^O^)/

ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 07:22| Comment(0) | 空自 練習機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする