2019年02月19日

自衛隊員の生命を全力で守ると言って 老朽化した戦闘機で出撃させる共産党

腹が立ったら6秒待てと言われます。怒りが治まるから・・・と。
しかし3週間近く我慢したけど、どうにも怒りが治まらないので記事にします

最新鋭ステルス戦闘機F-35を、追加購入を含めて147機導入することについて
共産党の志位委員長が「浪費的爆買い」と指摘したことについて、安倍総理は「老朽化したF15の代替として主体的に決定」と答弁した
外電のロイターが記事にしてます。
※記事参照元 ロイター 2019.01.31 F35は老朽化した戦闘機の代替、浪費との指摘は的外れ=安倍首相

志位委員長ご自身も以下のようにツィートしてます



トランプがーとか言ってる時点で残念ながら「おバカ丸出し」
安倍総理が「主体的に」と答弁したのは、この言葉を意識したことでしょう。
その理由は、軍事航空評論家の関賢太郎氏がこちらの記事に書いてます
※赤太文字クリックで該当記事が別タブで開きます

F-35買い増しなぜ必要? 実は5年前からほぼ既定路線 100機1兆円超えも現実的なワケ

関賢太郎氏の記事に補足して、中期防などの本文を上げます

「近代化改修に適さない戦闘機(F-15)について、能力の高い戦闘機に代替するための検討を行い、必要な措置を講ずる」
と言うのは、「中期防衛力整備計画(平成26年度〜平成30年度)について」の5ページから6ページに明記されています

WS000001.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

「航空偵察部隊1個飛行隊(RF-4E)を廃止し、(戦闘機)飛行隊を新編」は
新たな防衛計画の大綱・中期防衛力整備計画〜「統合機動防衛力」の構築に向けて 〜、これに書かれてます

WS000000.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

今や中国やロシアも最新世代のステルス戦闘機を開発し、配備も進めています

ロシアの最新鋭ステルス戦闘機Su-57
2分半の動画・・・何だよこれ、と言う飛びっぷり



共産党とパヨク達はこんなことを言ってますが

0183B7A5-752B-45ED-9450-1AC8457F11E4.jpeg

B3B11026-1A91-4A4B-9529-57BF74B8EE84.jpeg


F-4もF-15も配備されてから40年とかが経過
当然時代に合わせての改修も進めてきたけど、もう限界。

人工知能搭載とかステルスとか、周辺国は続々と最新鋭戦闘機を投入してくるんですが
あちら界隈の人たちは、自衛隊員に時代遅れの戦闘機で闘えと言うんですかね

ねぇ、志位さん。






















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 22:26| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア Tu-95爆撃機が日本近海を飛行 今回はSu-35の護衛付き

Tu-95爆撃機が日本周辺を飛ぶのはままあることだけど、最新鋭に近いSu-35戦闘機を伴って・・・と言うのはあまり例のないことに思えます。
そしてロシアメディアが映像付きで報道するのも珍しいこと。

※記事参照元
201.02.15 統合幕僚監部発表 報道資料 ロシア機の日本海及び太平洋における飛行について

ロシア機の日本海及び太平洋における飛行について

件名について、下記のとおりお知らせします。



1 期日 平成31年2月15日(金)

2 国籍等
ロシア Tu−95爆撃機 4機
ロシア Su−35戦闘機 4機

3 行動概要 別紙のとおり。

4 自衛隊の対応 戦闘機を緊急発進させる等して対応した。

WS000000.JPG

WS000001.JPG

WS000002.JPG

※引用ここまで

ロシア国営タス通信(英語版)は
この飛行は「定期飛行」
日本の航空自衛隊の戦闘機が飛来
Tu-95MS爆撃機には、スホーイ35S戦闘機が同行。爆撃機を「保護」した・・・と言う記事を書いてます。
Two Tupolev-95MS bombers carry out flight over Sea of Japan, Sea of Okhotsk

別のロシアメディアは
ロシアの飛行機はSu-35Sによって「護衛」された
と書いてます。
Опубликованы кадры сопровождения Ту-95МС истребителями ВВС Японии

ロシアのTu-95爆撃機から撮った、スクランブルで上がってきた航空自衛隊のF-15やF-2の動画がこちら




さて、そのSu-35S
ロシアでも最新鋭の戦闘機。(ステルスのSu-57もありますが)
導入から30年以上経ったF-15や同じく20年近く経ったF-2よりも、当然新しいわけで

目標を探知すると、自動で優先順位を選択しどの武器で攻撃するかを決定する、人工知能AIを積んでるとも言われてます
スプートニク 2017.11.13 ロシア、第4++世代戦闘機に搭載の戦闘人工知能について明かす

こんなにスゴイ戦闘機なんだぜ、と言う動画ありました
1分半弱の動画の中で、変態じゃね?と言う恐ろしい機動を見せてます




このSu-35は中国も導入
すでに南シナ海上空を飛行してると確認されたとか

F-35を爆買い的浪費だ、とか言ったどっかの政党の議員さん
こんな最新鋭の戦闘機を相手にするのに、古い老朽化した戦闘機で出撃させるつもりなんでしょうかね

共産党志位委員長の「あの」ツィートについては、また別記事で









ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:57| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアム 天皇陛下御在位三十年記念式典に関連して慶祝事業を実施

政府が主催し愛知県が行う、天皇陛下御即位三十年を記念する「天皇陛下御在位三十年記念式典」慶祝事業。
この一環として、挙行日の2/24(日)の入館料を全額免除するとのこと。
※昨日ツィートしましたが、まだご存知無い方もいるかと思いますので、改めて記事にしました。

つまり「無料」

あいち航空ミュージアムにまだ行ったことが無いと言う方、この機会に来てみてはいかがでしょうか

なお、混雑状況によっては入場制限とかあり得ます。
また職業体験等も定員に達する事が早い事も予想されます。
ご了承願います。

※記事参照元
あいち航空ミュージアム公式サイト 「天皇陛下御即位三十年記念慶祝事業」の実施について(2019年2月24日)

当日は、新しく展示される機体に関連したイベントもあります。
またJAL日本航空の協力で、ミニチュアのシュミレーターでの操縦体験と、パイロットやCAさんの制服を着ての撮影コーナー等々、楽しい企画が盛りだくさん。

イベントの詳細は以下の愛知県航空対策課のページからもご覧いただけます
※赤太文字クリックで該当ページが別タブで開きます

愛知県航空対策課 あいち航空ミュージアムにおける機体追加イベントの開催について


あいち航空ミュージアム?まだ行ったことないなぁ
と言う方、この機会にぜひお越しくださいませ(^O^)/


あいち航空ミュージアム 462











posted by てっちゃん at 08:03| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする