2019年02月13日

航空自衛隊千歳救難隊 災害派遣で患者空輸(急患輸送)を行う

別に大きな扱いでなくても良い、とは思います。でも、この患者空輸のための災害派遣は全く報じられてないもよう。
事実関係の報道くらいあっても良いんじゃないかなぁ。

2017年5月に陸上自衛隊北部方面校航空隊のLR-2連絡機が、患者空輸のために函館空港に向かう途中、函館近郊の山に墜落した事故がありました。
あの時は各メディアが大きな扱いをしましたが、それに比べて・・・とも感じてます。

小牧基地救難教育隊のUH-60J救難ヘリコプター

UH-60J 78-4603 IMG_4684_2

患者空輸を行ったのは、1/22と2/1の2回

1/22は北海道の北東に浮かぶ離島の天売島のヘリポートから、札幌市郊外の丘珠空港までU-125AとUH-60Jを用いた、患者空輸。

310122titose.jpg

2/1は函館空港から千歳飛行場までUH-60Jでの患者空輸。
函館と言えば、私の故郷。人口が30万ある北海道第3の都市ですが、重症の患者を・・・となると、大都市札幌へーとなっちゃうのも実情。

310201titose.jpg

※記事参照および画像引用元 航空自衛隊航空救難団公式サイト 30年度災害派遣活動実績

小牧基地救難教育隊のU-125A救難捜索機

U-125A 52-3002 IMG_4690_2

自衛隊が患者空輸(急患搬送)を行う理由や実情について、軍事フォトジャーナリストの矢作真弓氏が、以下のような記事を書いてます。
合わせてご覧ください。

自衛隊の災害派遣、実は8割が「急患輸送」 おもな舞台は離島、その実態とは?(写真15枚)


ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 06:38| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

あいち航空ミュージアムで機体追加イベントやります

ブログに記事上げる時は、何か付加価値のある情報を付け加えたいと考えてる私。
ですが、今回は何もありません。

後追い情報ですが以下にリンク貼ります。こちらを参考にしてください。

愛知県航空対策課
【知事会見】あいち航空ミュージアムにおける機体追加イベントの開催について










posted by てっちゃん at 21:55| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静浜基地を抱える焼津市がブルーインパルスで集客を強化

小牧基地とはある意味正反対。こういう考えの市長さんもいる、と言うお話。
集客アップによる地域の活性化、そして発着機能の強化による防災面でのメリットを考えているようです。
航空自衛隊静浜基地を抱える焼津市の中野弘道市長は、静浜基地の航空機発着機能の強化を、防衛省要望しました。
※記事参照元 航空新聞社 2019.01.25 焼津市、静浜基地の航空機発着機能強化を要望

ファン ブレイク
ファン ブレイク posted by (C)てっちゃん

静浜基地航空祭では、現状浜松基地からの展開でブルーインパルスが展示飛行を行ってます。
それを離着陸も含めて行うことで、さらに集客を増やしたい。
そのために基地の発着機能を強化して欲しい。
中野市長はそう言うお考えのようです。

発着機能の強化と言うのは、滑走路の延伸も含め
いろんな飛行機が離着陸できるように、と言うことかと思います。

もちろん航空祭での集客だけではなく、南海トラフなどの大地震と言った大規模災害時に
輸送機などいろんな飛行機が離着陸できれば、防災面や復興と言った面でも役立つ。
市長は防災面でのメリットも期待されてるようです。




市長の要望、焼津市にとって良い形で早期に実現できると良いですね。


2017年静浜基地航空祭でのブルーインパルスの動画。約10分弱。
今年の小牧基地オープンベースも、これぐらい晴れると良いなぁ














posted by てっちゃん at 21:15| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアムにボランティアで行ってきました 2019年2月10日

新しい展示機や、3/2の小牧基地オープンベースについての話も入れます。

屋上展望デッキから撮った、FDAの白。JA12FJ

IMG_0002.JPG

息子さんを連れたお父さんと、B747ジャンボの話で盛り上がります。
昔の国際線のターミナルが今のエアポートウォークだった頃に、ジャンボに乗ってーとのこと

私が国際線乗ったの、今の県営名古屋空港ターミナルだったころなんですけどー
自分、歳取ったんだなぁと痛感。

この日は航空写真家赤塚聡氏のフォト講座もあって、多くの来館者でにぎわいました。
3連休の中日と言うこともあってか、小さい子供さんの姿が目立ちましたね。
子供達、テンション上がってかプチ遊園地状態。

YS-11の機内公開、午前・午後の部両方早々に定員の100名越え。

YS-11 52-1152 IMG_2110
YS-11 52-1152 IMG_2110 posted by (C)小牧基地を撮りに行こう

YS-11 52-1152 機内 コックピット IMG_2035
YS-11 52-1152 機内 コックピット IMG_2035 posted by (C)小牧基地を撮りに行こう

コックピットの横で機内の保安とちょっとした説明をする担当でしたが、目を見開いて見入ってる子供たちが多かった事。
狭くて暗い空間ゆえ嫌って泣き出す子供もいるんですけど、喜んでもらえたようです。
飛行機に興味を持ってくれればうれしいですね(^^♪

あいち航空ミュージアムに展示されている、名市工八〇式フライヤー
エンジン付きの飛行機としては、日本で初めて高校生が飛ばした飛行機です

八〇式名市工フライヤー IMG_4506
八〇式名市工フライヤー IMG_4506 posted by (C)小牧基地を撮りに行こう

八〇式名市工フライヤー IMG_4507
八〇式名市工フライヤー IMG_4507 posted by (C)小牧基地を撮りに行こう

八〇式名市工フライヤー IMG_4508
八〇式名市工フライヤー IMG_4508 posted by (C)小牧基地を撮りに行こう

八〇式名市工フライヤー IMG_4509
八〇式名市工フライヤー IMG_4509 posted by (C)小牧基地を撮りに行こう

初飛行の様子をKyodoNewsがYouTubeに上げてます



航空自衛隊でVIP輸送に活躍したYS-11や、日本初の国産ビジネスジェット機のMU-300もいいけど
この名市工八〇式フライヤーも、ぜひ見てもらいたい飛行機。

作ったのは名古屋市立工業高校の高校生と先生たち
高校生がこんな素晴らしい飛行機を作り上げたことも知っていただきたく、展示されています。

愛知の航空機産業を将来担ってくれる彼らに期待です。

さて新しく展示される機体のお話し

警視庁で運用されていた、アグスタEH-101が仲間に加わります。
臨時閉館を行い設置した上で、2/22頃から展示開始の予定。

常時機内を見ることができるように・・・との方向ですが、お客さまの安全が第一。
実際に設置してみてからじゃないと、わからないこともあるため、現時点では未定です。

3/2土曜日に行われる、航空自衛隊・小牧基地オープンベースへの対応の件

屋上展望デッキの開放と、あいち航空ミュージアム〜小牧基地間のシャトルバスの運行について
昨日ミュージアムの職員さんに聞いてみましたが、こちらも未定。ごめんなさい。

これらの件に関しては、決まり次第公式サイトで告知されます。
私のブログでもアップします。
もう少し、お待ち願います。


これからも、あいち航空ミュージアムに応援よろしくお願いします(^O^)/




※記事中の画像は、すべて管理人が撮影しています。著作権は放棄していません。無断転載禁止します。

























posted by てっちゃん at 07:30| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

小さい子供さんと飛行機に乗るママさん・・・不安な時はCAさんに相談してみてはいかが?

ツィッターで見つけた、このお話し。元CAさんが、小さい子供さんを連れて飛行機に乗るときは相談してみてください、とツィートしてます。
もちろん航空会社やCAさん、飛行中の状態などでケースバイケースになります。できることできないことが出てくると思います。
まずは声をかけてみてください、との事。

※ツィ主さんの了解いただいたので、ツィートを引用します。

























以上上げましたが、これは一例です。
ツィ主さんも、その時その時でできることできないことがあると言われてます。

ダメ、できないと言う時もあるかも知れません。
でも、まずは相談してみるといいですよとの事です。

パパさんがいなくて、ママと小さい子供だけで飛行機に乗ることがあって
何か困ったら、CAさんに相談してみましょう。


函館に帰省した時に乗った、青い方の飛行機。
笑顔がキュートなCAさんでした(^^♪

F82BBF1E-ADBE-4B4E-A5F5-901EB951CBD3.jpeg
















posted by てっちゃん at 19:23| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする