2019年02月22日

あいち航空ミュージアム 展示機体が増えてにぎやかになりました

今日から新しい展示機体が増えた、あいち航空ミュージアム。なかなか密度が濃くなって、にぎやかになりました(^^♪
「どんな感じや?」と興味を持たれた方も多いはず。
フォロワーさんから写真をいただいたので、シェアさせていただきます。

※注意
記事中の写真は、撮影者様からのご厚意で使わせていただいてます。
著作権は撮影者にあります。無断転載は厳禁。発見し次第、法的処置取ります。

警視庁で運用され、天皇陛下も乗られたEH-101。
映画「永遠の0」で使われた零戦52型が、加わりました。

取り急ぎ、画像をアップします。
あいち航空ミュージアムに行ってみようかな、と言う方は参考にしていただけると幸いです。

IMG_5117.jpg

IMG_5121.jpg

IMG_5131.jpg

上からの俯瞰もOK

IMG_5158.jpg

機内は常時公開・・・と聞いてます
搭乗口横には、天皇皇后両陛下のお写真が。
何か嬉しいですね♪

IMG_5138.jpg

機内

IMG_5144.jpg

IMG_5143.jpg

コックピット

IMG_5141.jpg

こちら零戦52型
明日ボランティアに行くので、じっくり見てきますかね

IMG_5124.jpg

後ろから見れるのはグッド

IMG_5128.jpg

こちらは南太平洋のヤップ島で発見され、三菱が復元した零戦

IMG_5135.jpg

展示フロア・・・なかなかにぎやかです(^^♪

IMG_5156.jpg

IMG_5155.jpg

明後日2/24日曜日は天皇陛下御即位三十年記念慶祝事業の一環として、あいち航空ミュージアムの入館料が全額免除となります。
※詳細はこちら→「天皇陛下御即位三十年記念慶祝事業」の実施について

つまり「無料」


あいち航空ミュージアム、まだ行ったことが無いと言う方
この機会にぜひお越しくださいませ

画像を送っていただいた撮影者様に、感謝とともにお礼申し上げます。


















posted by てっちゃん at 21:15| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

小牧基地オープンベースでのブルーインパルスは飛行中止を 小牧基地周辺住民が申し入れ

3/2(土)に航空自衛隊小牧基地で行われる、小牧基地オープンベース。ブルーインパルスが展示飛行を行うことじは、皆さんもご存知の通り。
これに「小牧基地基地周辺の住民」らでつくる「春日井市飛行場周辺対策市民協議会」が、小牧基地の船倉基地司令と岩屋防衛相に申し入れをしたそうです。
※記事参照元 中日新聞 愛知県内総合版→中日新聞を購読している読者向けのページなので、リンク貼れません

「周辺住民」の言い分
事故に対する不安がぬぐえないので中止しろ

小牧基地の渉外室
「安全確保に万全を期す」

以前の記事にも書きましたが
春日井市飛行場周辺対策市民協議会と言うのは、もともと飛行場の撤去を目的につくられた組織
この組織と繋がってるのが、愛知県平和委員会

お察しのとおりです。

飛行場を無くそうとしたものの、一時は国際線も飛び、今は三菱でMRJ作ってますから
表立って「飛行場をなくせー」とは言えなくなったんでしょう

春日井市議会にて、自由クラブ所属の長谷川達也議員が

WS000002.JPG

「一部住民感情に基づく反対は不適切で」と発言されてます。
春日井市飛行場周辺対策市民協議会が、いかにも小牧基地周辺住民を代表してーと言うのは、いかがなものかと思ってます。

さて
こんな記事を見つけました

小牧の住民の方ですかね
2015年、春日井市に対しブルーインパルスについてお尋ねしたそうで

記事の最後に春日井市環境政策課からの回答があります
読んでみてくださいませ

ブログ 愛国倶楽部 2015.03.16 航空祭でブルーを反対する春日井市にお尋ね!


小牧基地オープンベースでのブルーインパルスと言えば
春日井市上空を1ミリたりとも侵さない「春日井ターン」
こんなんで有名になりたくないわ


ブルーインパルス 朝の列線風景 IMG_4616_2


胸糞悪い記事になりました
最後・・・2016年に快晴の入間基地で飛んだ、ブルーインパルスの動画を上げます
これで気分直してね(^^♪
※約25分。4KなんでWifi推奨










posted by てっちゃん at 21:53| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアムに新しい展示機体が搬入されました

2/22(金)から新しく展示される、元警視庁のEH-101と映画「永遠の0」で使われた零戦52型の実物大模型が、搬入されました。

あいち航空ミュージアムのい公式フェイスブックでは、EH-101が各務原市の川崎重工から陸送される様子と、ミュージアムへの搬入の様子を動画で紹介しています。





展示場所はここ
三菱が復元した零戦があった「飛行機の工房」があった場所



ここなら、上からの俯瞰も思う存分できます(^^♪

さて

映画「永遠の0」で使われた、零戦52型の実物大模型も搬入完了
メディアの報道はこちらの方が多い(笑)

ミュージアム前で行われた組立作業をウォッチしていた方のツィートがこちら
画像入りなんで、リンクはります

https://twitter.com/kamikirimushi_/status/1097750724153233408

https://twitter.com/noel_14_lov3/status/1097823024613445632

場所はフライングボックスとYS-11の間みたいですね




ただ、讀賣新聞のこの画像だと機首が外(=滑走路方向)向いてるけど
中日新聞は反対なんだよね
機首が滑走路側だと、斜め上から機体全体を見ることができるんだけどね

今迄展示されていた、三菱が復元した零戦は4/8までの展示です
それまでは片方は模型とは言え、零戦が2機と言う豪華な展示

2/24日曜日は天皇陛下御在位30周年記念事業の一環として、あいち航空ミュージアムの入館料が無料となります。
詳しくは以下の赤太文字のリンクでご確認ください
あいち航空ミュージアム 「天皇陛下御即位三十年記念慶祝事業」の実施について(2019年2月24日)

私は23日土曜日に、ボランティアとして行きます。
何か困りごとや知りたいことなどありましたら、出来る限りお答えしたいと思います。
青いジャンバー着たオッサンがいたら、お気軽に声をかけてください。

あいち航空ミュージアムにまだ行ったことが無い方、まだ零戦と言う飛行機を見たことがないと言う方
この機会にぜひ、あいち航空ミュージアムに来てみてはいかがでしょうか。


零式艦上戦闘機 IMG_1033
















posted by てっちゃん at 06:42| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

韓国とスペインでA400M輸送機とT-50などの交換交渉に入る

スペインが国内事情で余剰となりそうなA400M輸送機と、韓国KAI製の練習機を交換する話。韓国が交渉のために人員を派遣する計画だ、と韓国メディアの聯合ニュース(英語版)が報じてます。
2019.02.11 YOHNHAP NEWS AGENCY S. Korea to launch negotiations on aircraft swap deal with Spain

A400M-colombia.jpg
※画像引用元 https://www.airbus.com/search.image.html?tags=products-and-solutions%3Amilitary-aircraft%2Fa400m&page=2&tagLogicChoice=OR

以前にもいくつかの海外軍事航空サイトが取り上げてた、このお話し。
その後話が出てこなかったんですが、いよいよ動き出しそうです。

内容としては
スペインは自国のために27機のエアバスA400M輸送機を発注するものの、国内事情から13機を売却
このうち4〜6機を韓国KAI製のKT-1練習機30機と、T-50練習機20機と交換したい

去年2018年に行われた共同防衛産業協力委員会で、スペインから韓国側にこう提案されたそうです。

先出の聯合ニュースでは、現在C-130輸送機を持つ韓国空軍は、効率的な災害支援と平和維持活動を行うために
より大型の輸送機を欲していると結んでます。

C-130よりも大型で貨物積載量も航続距離も大きいA400M輸送機は、アメリカのC-17輸送機が生産が終了した現在、韓国空軍のニーズに合っているようです。

KT-1と言う練習機がこちら



韓国のアクロバットチーム「ブラックイーグル」も使っている、T-50ジェット練習機の動画



ヨーロッパへの初めての輸出、と韓国国内では歓迎ムード
KT-1やT-50が海外でも通用する素晴らしい機体だと言うのが、改めて実証されたことにもなるんじゃないかな

この件については海外メディア・・・スペインのメディアも報じているんだけど
https://www.infodefensa.com/es/2019/02/13/noticia-espana-corea-acercan-posturas-intercambiar-a400m-entrenadores.html

ネタ元は、この聯合ニュースの英語版
報道が出てから1週間近く経つけど、韓国・スペイン両国から公式な発表も、報道もなし

この取引が、韓国・スペイン両国にとって良い取引になるといいのですが
さて、どうなっているのやら









ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 06:42| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

自衛隊員の生命を全力で守ると言って 老朽化した戦闘機で出撃させる共産党

腹が立ったら6秒待てと言われます。怒りが治まるから・・・と。
しかし3週間近く我慢したけど、どうにも怒りが治まらないので記事にします

最新鋭ステルス戦闘機F-35を、追加購入を含めて147機導入することについて
共産党の志位委員長が「浪費的爆買い」と指摘したことについて、安倍総理は「老朽化したF15の代替として主体的に決定」と答弁した
外電のロイターが記事にしてます。
※記事参照元 ロイター 2019.01.31 F35は老朽化した戦闘機の代替、浪費との指摘は的外れ=安倍首相

志位委員長ご自身も以下のようにツィートしてます



トランプがーとか言ってる時点で残念ながら「おバカ丸出し」
安倍総理が「主体的に」と答弁したのは、この言葉を意識したことでしょう。
その理由は、軍事航空評論家の関賢太郎氏がこちらの記事に書いてます
※赤太文字クリックで該当記事が別タブで開きます

F-35買い増しなぜ必要? 実は5年前からほぼ既定路線 100機1兆円超えも現実的なワケ

関賢太郎氏の記事に補足して、中期防などの本文を上げます

「近代化改修に適さない戦闘機(F-15)について、能力の高い戦闘機に代替するための検討を行い、必要な措置を講ずる」
と言うのは、「中期防衛力整備計画(平成26年度〜平成30年度)について」の5ページから6ページに明記されています

WS000001.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

「航空偵察部隊1個飛行隊(RF-4E)を廃止し、(戦闘機)飛行隊を新編」は
新たな防衛計画の大綱・中期防衛力整備計画〜「統合機動防衛力」の構築に向けて 〜、これに書かれてます

WS000000.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

今や中国やロシアも最新世代のステルス戦闘機を開発し、配備も進めています

ロシアの最新鋭ステルス戦闘機Su-57
2分半の動画・・・何だよこれ、と言う飛びっぷり



共産党とパヨク達はこんなことを言ってますが

0183B7A5-752B-45ED-9450-1AC8457F11E4.jpeg

B3B11026-1A91-4A4B-9529-57BF74B8EE84.jpeg


F-4もF-15も配備されてから40年とかが経過
当然時代に合わせての改修も進めてきたけど、もう限界。

人工知能搭載とかステルスとか、周辺国は続々と最新鋭戦闘機を投入してくるんですが
あちら界隈の人たちは、自衛隊員に時代遅れの戦闘機で闘えと言うんですかね

ねぇ、志位さん。






















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 22:26| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする