2018年12月29日

あいち航空ミュージアム 1/30から開館時間を変更します

フライトシュミレーターなどの職業体験等も変更になると思いますが、追って告知される予定かと思います。
集客が低空飛行と言う現実に対して、この手を打ったのなら・・・ボランティアスタッフをやらせてもらってる者として、不安しかない。

変更は以下の通り
変更前:10時から19時まで(最終入館は18時30分)

変更後:9時30分から17時まで(最終入館は16時30分)


なお、団体旅行や学校行事等に対しては
2週間前までに要望、申し入れがあれば開館(オープン)を午前9時に早める対応を取るとのこと

また、2019年1月30日(水)以降は、「一般団体(入館者が10名以上のグループ)」又は

「学校行事で利用する学校等団体」から2週間前までに要望があった場合は、

開館時間を30分繰り上げ、9時に開館します。

団体旅行、学校行事での午前中の最初の見学先としてぜひご利用ください。


団体旅行とか学校行事って、一度に来る人が多いから魅力ですよねー。
県は旅行会社とか学校関係に営業かけてるのかな?
こんな施設あるから来てよ、くらいじゃ来ないでしょうねぇ。

あいち航空ミュージアムは、名古屋高速の豊山北・豊山南出口からほど近い位置にあります。
一番目の見学スポットとして訪問していただき次のスポットへと移動するにも便利です。
いろんな観光スポットをハシゴするにも便利(^O^)/

飛行機ファンのアナタ、MRJミュージアムと岐阜かかみがはら航空宇宙博物館
あいち航空ミュージアムには、これらの博物館とおトクなセット券もありますよー(^O^)/

ぜひお越しを。


「大人のナイトミュージアム」館内風景 1DD8996E-0E7F-443F-9F8B-C2FEBB709EB6


今は冬なんで、日没も早いし夜に屋上展望デッキで離着陸を見るのは寒くてムリ。
閉館時間を早めるのが、一時的なものなのか恒久的になのかは不明。

新聞に「集客が低空飛行」とあれだけ書かれた後です。
早くもコストカット?ともとられそうですね。













posted by てっちゃん at 17:21| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国海軍駆逐艦のP-1対潜哨戒機へのレーダー照射事案について 岩屋防衛大臣のコメント

岩屋防衛大臣のこのコメントにも注目してはいかがでしょうか。
防衛省から動画が公開されました。火器管制レーダーを照射=ロックオンされた証拠とか、無線での問いかけを無視した証拠がーと言うところも見どころですが(言葉悪いですね)、違う一面も持ってると私は見ました。

以下、岩屋防衛大臣の記者会見からの引用
記者さんの質問を青文字、岩屋防衛大臣のコメントを赤文字にしてあります
赤太文字は、私がこれは大事な点じゃないかなと思い強調しました



12月28日閣議後、防衛省にて

Q:その動画を公表することによって、韓国側と様々な点で説明の食い違いがあるわけですが、何を狙っていると見ることができるのでしょうか。

A:本事案については、様々な論評がなされておりますが、中には自衛隊が不適切な行動をとったのではないかなどという御指摘もあったりするわけですが、海上自衛隊の側が国際法や国際取決めに従って、適切な行動をとっていたということを、是非、国民の皆様には御理解をいただいておきたいということでございます。

Q:この間、この問題を巡って、防衛省、岩屋大臣は非常に抑制的に、慎重に対応してこられたと思うのですけれども、今回この協議している、しかも、初回が終わったこの段階で、世論に訴えかける形でこういう動画を公表することが、日韓の協議に、今後、支障を与えかねないという懸念はないでしょうか。

A:協議の場が設けられたということは、非常に前進だったというふうに思います。私どもから、そこは事実関係をしっかりと説明させていただいているつもりなのですけれども、なかなかまだ、相互の見解が一致しているというわけではありません。この間、様々な先ほども申し上げたように論評がございまして、必死にわが国の海・空を日頃、警戒監視して守ってくれている自衛隊の諸君に、いささか不名誉な論評も中にはあったりするので、特に国民の皆様に自衛隊が国際法規、あるいは、国際取決めに則って、しっかりと活動していた、適切に活動していたということを是非、御理解いただきたいと考えたからでございます。


Q:動画を公表するということで、それは昨日の協議が平行線にいって、証拠を示さなければいけないという認識に立ったものなのか、また、今回動画を公表することで、国際社会に日本の立場を示したいといったそういった思いがあるのでしょうか。

A:日本の立場を示したいというよりも、まずは、国民の皆様に自衛隊の適切な運用を御理解いただきたいということと、その延長線上で、国際社会に対しても、日本が適切に自衛隊の運用を行っているということは御理解いただきたいと思っております

Q:動画を見ればすぐ分かると、例えば、まだ渡していないということですけれども、韓国側にもそれを見せると、そこまで言っていて、捜索のためにやっていたという主張を続けていたこれまでの韓国側の姿勢というのは、どのように評価されますでしょうか。

A:日韓というのは、これまでも大事な二国間関係ですから、防衛当局間の交流というのもありましたし、これからもしっかり続けていきたいと思っておりますので、お互い事実関係をしっかりと明らかにして、もし、自分達の側に非があれば、それは友好国でございますから、申し訳なかったと、こういうことは二度と起こさないようにしたい、というお話がお互いにできるような関係というものを、ぜひ築いていきたいと思っているところでございます。

※以上引用元 防衛省公式サイト 防衛大臣記者会見 平成30年12月28日(11:15〜11:37)防衛記者会会見室

それは友好国でございますから、申し訳なかったと、こういうことは二度と起こさないようにしたい、というお話がお互いにできるような関係というものを、ぜひ築いていきたいと思っているところでございます。

この点と言うか、慰安婦や徴用工問題など日韓の間に横たわる諸問題に絡み、前回の記者会見ではこんなことも言ってます

記者さんの質問も「おいおい」と言う内容ですが

Q:海自の人に聞くと、海自に限らず、防衛省・自衛隊員の中には、大臣が「韓国側のことを信じたい」とか、今おっしゃられたこととか、もちろん大局観というのは大事だと思うのですが、極めて危険な行為の直後に、怒りよりも、むしろそちらの方が際立つような発言をされているようなことについて、すごく士気が落ちるというような声も、取材によると出ていますけれども、そういう部分に対しての受け止めをお願いします。

A:そのようなことはないというふうに私は思っております。こういう事案については、冷静沈着に対応しなければいけないというふうに思っておりまして、誤解のないように申し上げておきますが、私が「信じたい」と申し上げたのは、テレビ出演中に、記者から、「これは、これまでの日韓関係が影響しての行為でしょうか」という質問がありましたので、「いや、そうではないと信じたい」というふうに申し上げたところでございます。

※以上引用元 防衛省公式サイト 防衛大臣記者会見 平成30年12月25日(11:42〜12:00)防衛記者会会見室

動画上げます



ロックオンの証拠としては、この動画・・・証拠能力弱いでしょう
無線の問いかけに無視、これも改ざんだーと言われるかも

しかし
天気が悪かったと言うのは完全に論破されたわけで

まずは外堀が1つ埋まったのかな?

でも
まずは自衛隊側に非は無いんだよ、諸規則を守って活動してるんだよと国民に発信している面も大きいんじゃないか
私はそう捉えてます。

あ・・・私?偉そうな事言ってますが、もちろん素人です。
素人目線で見た感想です。
何言ってんだ、コイツ・・・でも良いし、あぁこんな見方もあるんだ
皆さんが考えていただくきっかけになれば幸いです。


海上自衛隊 P-1 対潜哨戒機 5504 IMG_7577_2














posted by てっちゃん at 16:47| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする