2018年12月15日

フランス A330MRTT空中給油・多目的輸送機をさらに3機発注

エアバス・ディフェンス・アンド・スペース社が、フランス防衛調達庁(DGA)からA330MRTT空中給油機を3機受注したと発表しました。この3機は、2014年に契約された12機のうち、最後の3機です。
※記事参照元 エアバス社公式サイト

最初の機体は2018年10月に納入されたのですが、フランス空軍は「納入を急いでくれ」と要請していること
この要請に基づき、2023年末までに12機すべてが納入される予定。

フランス空軍が何故納入を急がせるのかが、興味深い点です。

A330MRTT フランス空軍の機体は、フライングブームとホースアンドドローグの両方で給油可能。
また272人の人員を運んだり、10人の患者+88人の人員を運んだりと、様々なレイアウトにチェンジすることも可能です。

A330-MRTT-French-Air-Force-in-flight-Airbus2018.jpg

この空中給油機の愛称は「フェニックス」
https://www.airbus.com/newsroom/press-releases/en/2018/12/France-orders-three-more-Airbus-A330-MRTT-tankers.html

このA330NRTT、12か国が60機の発注。そのうち34機がすでに納入されてます。
そして大きなトラブルが無いと言う、素晴らしい実績。

その実績を引っさげて、ライバルであるボーイング社の牙城であるアメリカ空軍へと売り込みをかけようとしているそうで。
この話は、また別の機会に。

A330MRTTのシュミレーターの動画がありました。
操縦だけじゃなくて、給油オペレーターのもあるのは興味深いです。



posted by てっちゃん at 09:46| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする